Webサービスの1画面統合アプリは「Station」が最高でしたが、グループ化して見やすい「Biscuit」も最高でした

Webサービスの1画面統合アプリは「Station」が最高でしたが、グループ化して見やすい「Biscuit」も最高でした

SlackやGmail、Trelloなど仕事で使うウェブサービスを1画面に統合するアプリは「Station」を愛用してきましたが、先日「Biscuit」というアプリを試してみたところ、グループ化する機能がとても良かったので乗り換えてしまいました。

「Biscuit」でプロジェクト別、業務別などウェブサービスをグループ化したら捗った

biscuit-1
Biscuit(ビスケット) | いつものアプリがタブに埋もれない無料ブラウザ

SlackやGmail、Trello、Evernoteなどなど、仕事で複数のウェブサービスを使う場面で大活躍する、ウェブサービスを1画面に統合する系のアプリ。

「Franz」や「Shift」「Stack」などが複数のアプリがありますが、僕は「Station」を愛用していました。

特に目立った不満はなかったのですが、ある日「Biscuit」というアプリの存在を知り、試しに乗り換えてみたところ、グループ化機能がとても便利で「Biscuit」をメインに乗り換えてしまいました。

biscuit-2
グループ化がめちゃくちゃ捗る

職場では業務別にグループを作ることで、かなり効率よく仕事ができるようになりました。職業柄、常にブラウザのタブを20個くらい開いている状態なので……。

Biscuitのサポートしているアプリは現在81個。基本的にブラウザで利用できるサービスはすべて利用することができます。ですので、「Station」とほぼ遜色なし。

biscuit-3
ブラウザなので直接追加も可能

会社ではBiscuitで各種社内ツールを追加して使っています。ちなみにBiscuitはユーザーの行動をトラッキングすることはありません。

使い勝手は完全にブラウザ。例えばTweetdeckのURLをクリックすると、そのアプリの横に新規タブでリンク先が開きます。Stationのようにサービス毎に勝手にまとまったりしません。

biscuit-4
使い勝手はブラウザそのもの

「Station」は各種サービスをまたいだキーワード検索ができたり、追加した複数のGoogleドライブの統合検索ができたり、独自の機能も備わっていましたが、正直あったら便利だけどなくても問題ないんですよね。

各サービスをグループ化することで、「Station」よりも全体の見通しが良くなったことが最高に気に入りました。

またアプリごとに通知をオンオフできたり、一時的にすべての通知をオフにしたりすることもできます。

個人的な推しポイントは以下のとおり。

  • ブラウザなのでウェブサービスは基本的にはなんでも追加可能
  • グループ機能のおかげで全体の見通しが良くなる
  • 通知のオンオフが便利

まだまだ発展途上のアプリなので今後ますます便利になるかも

「Biscuit」はToshitaka Agataさん(@agata)による個人開発アプリで、6月21日に正式公開されたばかり。今後のアップデートでますます使いやすくなる予感。

便利すぎて投げ銭できないのか探しちゃいました。僕の場合、Biscuitのおかげで「ブラウザも見通しが良いほうが仕事が捗る」ということがわかったので、興味のある方は是非お試しください。

Biscuit(ビスケット) | いつものアプリがタブに埋もれない無料ブラウザ