BOSE、サングラス型のヘッドホン「Bose Frames」を日本でも販売開始

BOSE、サングラス型のヘッドホン「Bose Frames」を日本でも販売開始

Boseは10月3日、サングラス型のワイヤレスヘッドホン「Bose Frames」を日本でも販売開始しました。BOSE史上最小、最薄、最軽量の音響システムを搭載。タッチコントロール、音声コントロールに対応し、BOSEの音声AR「Bose AR」にも対応しています。

Boseのスマートサングラス「Bose Framese」が国内販売を開始

Bose-Frames_2024_5
「Bose Frames」

Boseは10月3日、ワイヤレスヘッドホン機能を搭載したサングラス型デバイス「Bose Frames」を日本国内でも販売開始しました。昨年12月に発表されていたもので、アメリカでは2019年初頭に発売されていました。

「Bose Frames」は一見すると普通のサングラスですが、Bose史上最小、最薄、最軽量のオーディオシステムを搭載。オープンイヤー設計で、左右の"ツル"部分に極小の音響パッケージを搭載。再生されるサウンドはユーザーにしか聞こえないようになっています。

Bose Frames | Sunglasses. With a soundtrack.

タッチコントロールでの操作だけでなく、音声コントロールにも対応。スマートフォンと連携することで、ストリーミング再生や通話、SiriやGoogleアシスタントなどの音声アシスタントの操作にも対応しています。

Boseの提供する音声AR「Bose AR」にも対応。視覚的なARではなく、「Bose Frames」に搭載された9軸ヘッドモーションセンサーと、連携されているiOS / AndroidデバイスからのGPS情報を使用し、経路案内アプリやエクササイズアプリ、ゲームなどさまざまなオーディオコンテンツを利用することができます。

Bose-Frames_2024_7
ツル部分に音響パッケージを搭載

セットされているレンズはUVA(紫外線A波)、UVB(紫外線B波)を最大99%カット。簡単に取り外してオプションのブルーグラディエント(2,500円)または偏光タイプのミラード シルバー(3,500円)のレンズに交換することも可能です。

「Bose Frames」は最大3.5時間の連続再生、価格は25,000円

Bose Framesは付属のケーブルで充電するタイプ。最大3.5時間の連続再生が可能で、最大12時間のスタンバイモードで待機可能。専用保護ケースと、汚れ拭き用に、布製ポーチが付属します。

Bose Frames_2024_6

ボーズ直営店、ボーズ・オンラインストア、およびボーズ製品取り扱い店舗で販売されます。価格は25,000円(税抜)となっています。