中高生向けSNS「ひま部」が12月31日でサービス終了――「日本で一番悲しみも作ってしまう気がして」

中高生向けSNS「ひま部」が12月31日でサービス終了――「日本で一番悲しみも作ってしまう気がして」

株式会社ナナメウエが運営する学生限定SNS「ひま部」は10月30日、2019年12月31日をもってサービス終了すると発表しました。終了の理由について「日本で一番深い幸せなつながりを作るアプリなのは間違いないと思うけれど、同時に日本で一番悲しみも作ってしまう気がして」と説明しています。

学生限定SNS「ひま部」12月31日でサービス終了

himabu
ひま部のアルパカブログ — サービス終了のお知らせ

株式会社ナナメウエが運営する学生限定SNS「ひま部」は10月30日、2019年12月31日をもってサービス終了すると発表しました。

「ひま部」は2015年5月1日からサービスを開始。800万人の学生が登録し毎日の投稿は600万回を超える、若者向けのサービスでは日本で最大級のサービスです。

一方で、悪意を持ったユーザーが「ひま部」を通じて出会い、みだらな行為を行い逮捕されるという事件が複数報じられていました。つい先日も神奈川県川崎市の小学校教諭が、高校1年の15歳の女子生徒と「ひま部」を通じて出会い、女子生徒宅でわいせつな行為をしたとして、県青少年保護育成条例違反の疑いで逮捕されたと報じられていました

ひま部では規制強化など対策が行われていましたが「年齢を偽って登録する大人」「他社製アプリで連絡先を交換し、その中で犯罪行為が行われる」「個人情報を投稿する」「なりすまし」などの事案が発生していたとのこと。

サービス終了の理由について「ひま部がもっと大きくなっていったときに、もっともっと規制を強めなければなりません」「そうなったときに今のひま部がひま部のままでいられないと思いました」とし、「日本で一番深い幸せなつながりを作るアプリなのは間違いないと思うけれど、同時に日本で一番悲しみも作ってしまう気がして。だからこそ本日、ひま部という物語の終了を発表しました」と説明しています。

「ひま部」は12月31日のサービス終了まで、これまで以上に運営を強化し、安全性を高めるアップデートを最後まで行う予定とのこと。サービス終了の発表後、利用規約違反者が増えてトラブルが増加すると判断された場合は、サービス終了日を早めるということです。

ひま部「サービス終了のお知らせ」全文

https://himabuapp.tumblr.com/post/188690002391/%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E7%B5%82%E4%BA%86%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B