2020年発売の「iPhone」は「AirPods」が同梱される可能性があるーー台湾業界誌が報じる

2020年発売の「iPhone」は「AirPods」が同梱される可能性があるーー台湾業界誌が報じる

Appleは2020年に発売する新しいiPhoneに、ワイヤレスイヤホン「AirPods」を同梱することを検討していると、台湾の業界誌DigiTimesが報じています。

Iphone 2020

そんなことあるの?という情報を台湾業界誌DigiTimesが伝えています。なんと2020年に発売されるiPhoneには、ワイヤレスイヤホン「AirPods」が同梱される可能性があるそうだ。

現行モデルのiPhoneに同梱されているイヤホンは、有線ケーブルで接続する「EarPods with Lightning Connector」ですが、いつまで有線接続のイヤホンを同梱し続けるのだろうという疑問はありました。

DigiTimesは、匿名の業界筋からの話として、SamsungやXiaomiなどの競合他社は「2020年の新モデルにワイヤレスイヤホンを同梱する予定だ」と伝えています。

Appleが「iPhone」に「AirPods」を同梱するメリットは?

Appleが競合他社の戦略に追随するとしても、AirPodsは最も安いモデルでも17,800円。AirPodsを同梱する代わりにiPhoneの価格を引き上げるということは考えにくいため、やはりAirPodsが同梱されるという情報はにわかには信じがたいところだ。

ちなみに現在同梱されている「EarPods with Lightning Connector」は2,800円。AirPodsは同梱せずとも、世界で最も売れているワイヤレスイヤホンとなっているため、そもそも同梱するメリットは少ないですが、

それにしてもAppleはいつまでLightning端子を使い続けるのか。iPad ProはすでにUSB-Cを採用していますし、いつかLightning端子が廃止されるとは思うのですが……。