「モバイルPASMO」2020年春よりサービス開始、私鉄ユーザーもスマホで定期券の購入が可能に

「モバイルPASMO」2020年春よりサービス開始、私鉄ユーザーもスマホで定期券の購入が可能に

PASMO協議会は1月21日、交通系ICカード「PASMO」のサービスをAndroidスマートフォンで利用できるようになると発表しました。サービスの提供開始は2020年春から。「モバイルPASMO」アプリを端末にインストーすることで、カード式PASMOと同等の機能が利用できます。

「モバイルPASMO」サービス開始へ、私鉄の定期券もスマホで購入できるように

pasmo

PASMO協議会が交通系ICカード「PASMO」のアプリ、「モバイルPASMO」を2020年春より提供開始します。

従来のカード式PASMOと同等の機能を持ったアプリで、電車やバスの交通利用や買い物に利用することができます。またクレジットカードでのチャージや定期券の購入にも対応します。

これまでスマホの交通系電子マネーはモバイルSuicaのみで、スマホでの定期券購入はJR東日本の経路内でしか利用することができませんでした。モバイルPASMOの登場で私鉄ユーザーもスマホで定期券を購入できるようになります。

モバイルPASMO定期券販売事業者として予定されているのは、以下の34社。

鉄道

  • 小田急電鉄
  • 京王電鉄
  • 京成電鉄
  • 京浜急行電鉄
  • 埼玉高速鉄道
  • 相模鉄道
  • 首都圏新都市鉄道
  • 新京成電鉄
  • 西武鉄道
  • 千葉都市モノレール
  • 東急電鉄
  • 東京地下鉄
  • 東京都交通局
  • 東武鉄道
  • 北総鉄道
  • ゆりかもめ
  • 横浜高速鉄道
  • 横浜市交通局
  • 横浜シーサイドライン

バス

  • 小田急バス
  • 江ノ電バス
  • 川崎市交通局
  • 川崎鶴見臨港バス
  • 関東バス
  • 京王電鉄バス
  • 京成バス
  • 西武バス
  • 相鉄バス
  • 立川バス
  • 東急バス
  • 東京都交通局
  • 西東京バス
  • 日立自動車交通
  • 横浜市交通局

サービスの具体的な開始日や詳細、対応機種については3月初旬に発表されます。対応端末は「Android™スマートフォン(購入時にAndroid6.0以上がインストールされたおサイフケータイ®対応端末)」とされています。

なおiOSへの対応については現時点では不明。

Androidユーザーから喜びの声、iPhoneユーザーからも「期待」

モバイルPASMOの発表を受け、TwitterではAndroidユーザーから喜びの声が続出。一方でiOSユーザーからは今後の対応に期待する声があがっています。