「ONE PIECE」実写ドラマ、Netflixで配信決定 尾田栄一郎氏がエグゼクティブプロデューサー

「ONE PIECE」実写ドラマ、Netflixで配信決定 尾田栄一郎氏がエグゼクティブプロデューサー

2020年1月30日

人気漫画「ONE PIECE」の実写ドラマが、Netflixで配信されることが発表されています。エグゼクティブプロデューサーは原作者の尾田栄一郎氏が担当。シーズン1は全10話。ネットでは驚きの声とともに、不安の声もあがっています。

「ONE PIECE」が実写ドラマ化、Netflixで全10話配信へ

onepiece
Netflix公式Twitterアカウントより

人気漫画「ONE PIECE」の実写ドラマが、動画ストリーミングサービスの最大手Netflixで配信されることが発表されました。

NetflixとTomorrow Studiosによる共同制作。エグゼクティブプロデューサーには原作者の尾田栄一郎氏をはじめ、「LOST」「Xファイル」などのスティーヴン・マエダ氏、マーベル原作のNetflixオリジナルシリーズ「ルーク・ケイジ」のマット・オーウェンズ氏、「プリズン・ブレイク」のマーティ・アデルスタイン氏、「ハンナ~殺人兵器になった少女~」のベッキー・クレメンツ氏が担当します。

尾田栄一郎氏は「2017年に制作を発表したんですけど 時間かかるのよいろいろ!水面下でずーっとじわじわ準備が進んでます。そして今回これを発表していいそうです。あの世界一の動画配信サービスNetflixが大きく力を貸してくれることになりました!心強い!! シーズンⅠ10話でストーリーがどこまで進むのか、配役はどうなるの!? もう少しお待ちください そしてご期待ください!!」とコメントを寄せています。

ネットでは驚きの声とともに「不安」の声も