「LINEアカウントの乗っ取りに注意」公式Twitterが注意喚起、不審なログイン通知が届いたら乗っ取りの可能性

「LINEアカウントの乗っ取りに注意」公式Twitterが注意喚起、不審なログイン通知が届いたら乗っ取りの可能性

2020年2月24日

LINE公式Twitterアカウントが2月24日、「アカウント乗っ取りにご注意ください」と不正アクセスによるアカウント乗っ取りについて注意を呼びかけています。

LINE公式Twitterが注意喚起「アカウント乗っ取りにご注意ください」

line-unauthorized-access
LINE公式Twitterより

LINE公式Twitterアカウントが2月24日、「アカウント乗っ取りにご注意ください」と注意を呼びかけています。

パソコンやiPadなどでLINEにログインしていないのに、LINEアプリに「○○でログインしました」と通知が来た場合、LINEアカウントが乗っ取られている可能性があるといい、心当たりのないログイン通知を受け取った場合、「今すぐパスワードの変更をお願いします」と呼びかけています。

パスワード変更をしないと、不正アクセスをしてきた第三者に、勝手にメッセージが送信されたり、メッセージが見られてしまったりする可能性もあります。

LINEは原則的に複数の端末から同時にログインすることができないため、乗っ取り被害にあっても、ただちにアカウントが使えなくなるという可能性は高くありません。ただし、メールアドレスを設定していなかった場合、スマホからのアカウント乗っ取り被害にあう可能性があります。

心当たりのない、不審な「ログイン通知」が届いた場合、まずは「パスワード変更」をするのが有効です。

(追記)LINEが2月26日、約4000を超えるLINEアカウントが不正ログインの被害を受け、ユーザーの意図に反するメッセージやタイムライン投稿が行われていることを確認されていると報告されています。

LINEアカウントへの第三者からの不正アクセス、対策は?

自分のLINEアカウントがどの端末からログインされているのかは、LINE内の「設定 > アカウント > ログイン中の端末」から確認することができます。覚えのないログイン端末があれば、「ログアウト」を選択し、ただちにパスワード変更したほうが良いでしょう。

Line unauthorized access 2Line unauthorized access 1
LINE内の設定から確認できます

またLINEアプリ内の設定から「ログイン許可」をオフにすることで、PCやiPadなどからのログインを無効にすることもできます。PC版LINEやブラウザからのアクセスをを使わないというユーザーは、オフに設定しておいたほうが安全です。