Apple、新型コロナ対策サイトとアプリを公開 スクリーニングツールや対策情報を提供

Apple、新型コロナ対策サイトとアプリを公開 スクリーニングツールや対策情報を提供

Appleは3月27日、新型コロナウイルス対策として特設サイトおよびアプリを公開しました。アメリカ疾病予防管理センター(CDC)のガイダンスに基づき、ユーザーが最新情報を入手し、新型コロナウイルスから健康を守るための適切な措置を講じるためのスクリーニングツールなどが提供されます。利用できるのは米国ユーザーのみ。

米国ユーザー向けに新型コロナウイルス対策サイト&アプリが公開

Apple new covid 19 app macbook pro iphone 11 pro 03272020
新型コロナウイルス対策サイトとアプリ

Appleは3月27日、ユーザーが新型コロナウイルスから健康を守るために、最新情報や適切な措置を講じるためのスクリーニングツールなどを提供する、特設サイトおよびアプリを公開しました。利用できるのは米国ユーザーのみ。

利用できるのは米国ユーザーのみ。アメリカ疾病予防管理センター(CDC)、ホワイトハウスのコロナウイルスタスクフォース、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁(FEMA)と協力して作成されています。

スクリーニングツールでは、ユーザーがいくつかのアンケートに回答することで、現時点で検査の必要性があるか、いつ医療機関に連絡するべきかなどの推奨情報を受け取ることができます。

その他、新型コロナウイルスから健康を守るための手段とし、手洗いや消毒など、基本的な予防対策についての情報が提供されます。

同様のスクリーニングツールを使った取り組みは日本でも

ユーザーがアンケートに回答することで、現時点でどのような対処が必要か案内する取り組みは、日本でも実施されています。東京都は3月27日、LINE公式アカウント「東京都 新柄コロナ対策パーソナルサポート」を開設。

基礎情報、健康状態などを入力することで、一人ひとりに応じた対処方法を案内するほか、チャットボットが継続的に健康状態をチェックし、新型コロナ受信相談窓口へ連絡が必要な場合は迅速に知らせてくれます。

東京都音ように地方自治体による新型コロナウイルス対策のLINE公式アカウントは、東京都以外にも多くの自治体で提供されています。

省庁や自治体の公式アカウント一覧 | 新型コロナウイルス、LINEで何ができる?