マクドナルド、13都道府県の全店舗(1910店舗)で店内利用を終日中止

マクドナルド、13都道府県の全店舗(1910店舗)で店内利用を終日中止

日本マクドナルド株式会社は4月19日、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するため、4月20日午前5時から13都道府県の全店舗で店内の利用を終日中止すると発表しました。期間は緊急事態宣言と同じく、5月6日まで。

マクドナルド、「特定警戒都道府県」対象地域で店内利用を終日中止

mcdonald-declares-state-of-emergency
マクドナルド公式サイト | McDonald's Japan

日本マクドナルドは4月19日、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するため、4月20日午前5時から、政府の「特定警戒都道府県」対象地域である13都道府県の全店舗で、店内の客席利用を終日中止すると発表しました。

対象となるのは以下の都道府県。

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 千葉県
  • 埼玉県
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 福岡県
  • 北海道
  • 茨城県
  • 石川県
  • 岐阜県
  • 愛知県
  • 京都府

マクドナルドはこれまでも、東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、京都府、岐阜県では20時〜翌朝5時までの店内客席の利用中止や閉店を実施し、店内の形態や状況に応じた、社会的距離を保ちならがサービスを提供してきましたが、さらなる安全強化と感染拡大防止に取り組むとしています。

緊急事態宣言の期限である5月6日まで

対象期間は4月20日午前5時から、緊急事態宣言の期限とされている5月6日24時まで。対象店舗は13都道府県あわせて1,910店舗になります。

なおテイクアウト、ドライブスルー、デリバリーでの提供は継続されます。

マクドナルドは、「今後も全国の店舗で実施している感染症予防の取り組みを継続するとともに、政府や自治体の方針や発表を注視し、対応を行ってまいります」としています。