iOS 13.5、マスク着用時のFace ID認証をスキップするよう変更 新型コロナ対策のAPIも追加

iOS 13.5、マスク着用時のFace ID認証をスキップするよう変更 新型コロナ対策のAPIも追加

Appleは4月30日、開発者向けに「iOS 13.5 beta 3」の配付を開始。ベータテスター向けにも「iOS 13.5 Public Beta 2」が配信されています。最新のベータ版では、マスク着用時にFace ID(顔認証)をスキップし、パスコード入力をすばやく表示するよう変更が追加。また新型コロナウイルス対策として、Googleと共同で開発中の、感染者との濃厚接触を検出するAPIも追加されています。

マスク着用時のストレスが緩和、Face IDをスキップするように

ios-13-5-Faceid

Appleが開発者向けに、「iOS 13.5 beta 3」を公開。ベータテスター向けにも「iOS 13.5 Public beta 2」の配信もスタートしています。

Mac Rumoursや9to5MacといったApple関連の主要メディアやForbesなどが報じている通り、今回のアップデートで大きな変化は、新型コロナウイルス対策が追加されている点。

特にユーザー目線では、マスク着用時にFace ID認証をスキップするように変更が加わった点は影響が大きいでしょう。

iOS 13.4では、マスク着用時にFace ID認証を行うと、ロック解除に失敗する画面が一瞬表示され、その後にパスコード入力画面が表示されます。

一方でiOS 13.5では、マスクの着用をFace IDが認識すると、パスコード入力を素早く表示するように変更されています。

マスク着用時の自動スキップを検証

マスクを着用した状態でFace ID認証を突破するハックも報告されていますが、セキュリティ上の懸念も指摘されています。

「新型コロナウイルス対策」のAPIも追加

「iOS 13.5 beta 2」および「iOS 13.5 Public Beta 2」では、Appleが新型コロナウイルス対策として開発中の、感染者との濃厚接触者を検出するためのAPIも追加されています。まずは公衆衛生当局が提供するアプリで利用されるとしています。

APIは端末ごとにランダムなIDを生成、Bluetoothを使って位置情報を収集。生成されたIDは14日で削除されます。認証したアプリを経由して、濃厚接触をプッシュ通知。また、自身が新型コロナウイルスに感染した場合も、匿名で共有することができます。