「クソリプ防止」Twitterが、返信できるアカウントを制限する機能をテスト中

「クソリプ防止」Twitterが、返信できるアカウントを制限する機能をテスト中

Twitterは5月21日、ツイートに対してリプライ(返信)できるアカウントを制限できるテストを開始したと発表しました。テストに選ばれたアカウントは、ツイート時に「返信できるアカウント」を選択することができるようになります。

ツイートに返信できるアカウントを制限、Twitterがテスト中

twitter-testing-new-conversation-settings-3
返信できるアカウントを選択できるテスト

Twitterは5月21日、「誰が自分のツイートに返信し、会話に参加できるのかを選択できるテスト」を開始したと発表しています。

ツイートする前に、返信(リプライ)することができるアカウントを制限する機能で、3パターンから選択することができます。

  • 全員が返信(Twitterでのデフォルト設定)
  • フォローしている人だけが返信
  • 指定した人だけが返信

返信が制限されたツイートにはラベルが付き、返信アイコンはグレーアウトされ、返信できないとわかるような表示に変更されます。返信できないアカウントでも、ツイートの閲覧やリツイート、コメント付きリツイートは可能。

twitter-testing-new-conversation-settings-1

テスト機能を利用できるのは限られたユーザーのみ

このテスト機能を利用できるのは、限られたユーザーのみ。テストに選ばれたユーザーは、iOS/Androidアプリ、ブラウザからツイートしようとすると表示されるようになっています。

Twitterは「確実に分かっていることの1つは、このアップデートで人々が創造的になれるということです」と説明。特定の趣味を持つ仲間だけで会話をしたり、著名なゲストを招いたイベントや、推理ゲームのようなものも楽しめる可能性を挙げています。