Mac版「Zoomアプリ」再び仮想カメラをサポート、Snap Cameraが使えるように

Mac版「Zoomアプリ」再び仮想カメラをサポート、Snap Cameraが使えるように

ビデオ会議サービス「Zoom」のMac版アプリで、今年4月にセキュリティ上の問題で無効化されていた「仮想カメラ(virtual camera)」機能が、5月25日に配信された最新版(5.0.4)で再びサポートされています。Snap Cameraも問題なく使えました。

Mac版「Zoom」アプリ、再びバーチャルカメラをサポート

zoom-for-mac-virtual-camera-1
再びSnap Cameraなどが使えるように!

ビデオ会議サービス「Zoom」のMac版アプリが、5月25日に最新アップデートを公開。「仮想カメラ(virtual camera)」が再びサポートされています。

「Zoom」は今年4月、セキュリティ問題の指摘を受け、仮想カメラのサポート機能を一時的に中止。5月末までに仮想カメラを復活できるよう、アップデートすると発表していました。

リリースノートでは仮想カメラのサポートだけが伝えられていますが、AAPL Ch.によると、ホワイトリストにより接続できるアプリを選別しているようです。

  • Re-enable virtual camera support - macOS
    Support for virtual cameras will be re-enabled for users on client version 5.0.4.

Zoom Help Center

Zoom(5.0.4)で有効となっている開発元は以下の通りです。

  • Zoom Video Communications, Inc. (BJ4HAAB9B3)
  • Snap, Inc. (424M5254LK)
  • Visicom Media Inc. (6SUWV7QQBJ)
  • Blackmagic Design Inc (9ZGFBWLSYP)
  • Telestream LLC (WSG985FR47)
  • Wizards of OBS LLC (2MMRE5MTB8)
  • Kinoni Oy (P2N5288CNQ)
  • Boinx Software Ltd. (6372P8EH2J)
  • Ecamm Network, LLC (5EJH68M642)
  • NewTek, Inc. (W8U66ET244)

AAPL Ch.

「Snap Camera」が再び使えるようになりました

仮想カメラのサポート復活で「Snap Camera」も再び利用できるようになっています。

zoom-for-mac-virtual-camera-2
Snap Cameraがまた使える

Snap Cameraをインストールし、設定(Setting)の「Choose your camera」の設定から、使用するカメラを選択。

zoom-for-mac-virtual-camera-3
設定でカメラを変更

Zoom側でも「Snap Camera」を選択すると、Snap Camera側のフィルターがZoomのビデオでも適用されます。

zoom-for-mac-virtual-camera-4
ZoomのカメラでSnap Cameraを選択

なおSnap Cameraを利用していると、ビデオ表示がもたついたりする場合や、バーチャル背景がうまく適用されない場合もあるので要注意です。