Apple、WWDC 2020では新製品は登場しない――Bloombergや著名リーカーが伝える

Apple、WWDC 2020では新製品は登場しない――Bloombergや著名リーカーが伝える

Appleは日本時間6月23日午前2時より、世界開発者会議「WWDC 2020」を開催します。ソフトウェアの発表が中心となる同イベントですが、Appleの新製品が発表されることもあり期待が高まっていますが、新製品の発表は先送りになったという情報が届いています。

「WWDC 2020」は新製品の発表は見送りに?

日本時間6月23日午前2時より、Appleは世界開発者会議「WWDC 2020」を開催します。

wwdc-2020

スペシャルイベント基調講演では、次期iOSやmacOSなどのソフトウェアの発表が中心となりますが、新しいハードウェアが発表されると予測されていましたが、Bloombergや著名リーカーらによると、Appleは新製品の発表は先送りしたと伝えられています。

Bloombergによると、WWDC 2020の発表は、2020年に発売される新しいハードウェアデバイスの土台となる内容だといい、新製品の発表は見送られたことを示唆しています。

またAppleのリーク情報を正確に伝えてきたJon Prosser氏も、WWDCで新製品を発表する計画が破棄されたと伝えています。

新製品の発表はないものの、ARMベースチップへの移行計画は発表されると予測されています。

なおAppleの情報に詳しいMing-Chi Kuo氏によると、2020年後半〜2021年前半にARMベースの「13インチ MacBook Pro」「iMac」が発表されるとしています。9to5Macが伝えています。

「WWDC」では何が発表されるのか

次期iOSやmacOSの発表が中心とる見通しですが、具体的には何が発表されるのか。現時点で伝えられている情報は以下の通り。

Mac関連では、ARMチップへの移行計画。iOS 14では、サードパーティ製アプリをデフォルト指定、翻訳機能、拡張現実(AR)アプリの開発者向けツールのアップデート、Podcastのアップデートなどが伝えられています。

tvOSでは新しいフィットネスアプリ、watchOSでは睡眠トラッキング機能などが追加されるとのこと。

噂されていた新製品は、2020年内には登場する予測ですが、果たしてどうなるか……。