「WWDC 2020」で発表されるApple新製品の噂を総まとめ

「WWDC 2020」で発表されるApple新製品の噂を総まとめ

2020年6月21日

日本時間6月23日午前2時から開幕する、Appleの世界開発者会議「WWDC 2020」。その名の通り、開発者向けのカンファレンスのため、次期iOSやmacOSなどの発表がメインではありますが、Appleの新製品が発表されることもあります。現時点で噂されている、AppleがWWDCで発表する可可能性のある新製品について、まとめてみました。

デザインが刷新された新型iMac

Pro-Display-XDR
Pro Display XDR

iPad Proに似たデザインに刷新され、Appleのプロ向けディスプレイ「Pro Display XDR」のようなベゼルが狭くなった、新型iMacが発表される可能性が伝えられています。

噂では、T2チップ、AMD Navi GPUを搭載。フュージョンドライブは廃止されるとのこと。またカラーバリエーションとして、iMac Proのような「スペースグレイ」が追加される可能性も伝えられています。

自社開発のARMチップ搭載Macの移行計画

Apple_16-inch-MacBook-Pro_111319
画像は現行モデルの16インチMacBook Pro

自社製ARMチップを搭載したMacへの移行計画が、WWDC 2020で発表されると報じられています。Appleが自社開発のプロセッサを搭載するのは、Macの歴史上初めて。

IntelからARMチップに移行することで、AppleはIntelのロードマップに固執することなく、Macのリリーススケジュールをけいかくできるようになります。

ARMチップのメリットはそれだけではなく、パフォーマンス面でも大幅な改善が見られたとのこと。特にグラフィック性能や、AI(人工知能)を使用したアプリでは、より顕著な改善が見られたとされています。

またARMチップのほうが、Intel製チップよりも電力効率が高いことも報告されているそうです。

WWDC 2020で移行計画を発表することで、開発者に時間を与えることが狙いとみられ、実際にARMチップを搭載したMacが登場するのは、2021年になる見通し。

AirTags(忘れ物防止タグ)

apple-tag
画像は9to5Macより

Appleから新しいガジェットとして、忘れ物防止タグ「AirTags」が登場すると報じられています。報道によると、AirTagsには、Appleがデザインしたレザーケース、モノに取り付けるためのキーチェーンが同梱されているとのこと。

AirTagsの存在は、iOS内部からも確認されており、Appleが公開したサポート動画内でも存在が確認されています。

iPhone 11シリーズに採用されている「U1チップ」は、「UWB」(Ultra Wide Band/超広帯域無線)に対応。UWBは、位置情報の検出精度が高い、障害物などの妨害を受けにくい、低出力で高速な通信が可能といった特徴を持ちます。

AirTagはUWBとAR(拡張現実)を組み合わせることで、iPhoneの画面上で、捜し物を見つけやすくする製品になると予測されています。対応するiPhoneに制限がある可能性もありそうです。

新型Apple TV 4K

Apple_TV_4k_screen_06042018
Apple TV 4K

新型のApple TV 4Kが登場する可能性が伝えられています。噂では、A12X Bionicチップが内蔵され、ストレージ容量は64GB/128GB。

A12X Bionicチップを搭載する理由は、「ゲーム」と予測されています。

ワイヤレス充電器(AirPower)

airpower
画像は開発中止となった「AirPower」

Appleが2019年に開発中止していたワイヤレス充電器「AirPower」が、開発を再開し、小型のワイヤレス充電器となって登場する可能性が伝えられています。

ハイエンドヘッドホン(AirPods Studio)

beats-solo
画像は「Beats Solo³ Wireless」

Appleブランドとして、オーバーイヤーヘッドホン「AirPods Studio」が登場すると予測されています。2020年後半に正式発表とされていますが、WWDC 2020で発表だけされる可能性もゼロではなさそう。

AirPodsを外すと音楽の再生が停止するように、ヘッドホンを外すと音楽を停止する昨日が備わっているそう。また左右の耳を検知するセンサーも搭載され、ヘッドホン本体に左右は存在せず、センサーが判別するそうです。

AirPods Proのような、ノイズキャンセリング、外部音取り込みモードも搭載される見通し。Appleはプロフェッショナルユーザーを対象とした商品と位置づけているようで、価格は349ドル。Appleのレートが1ドル=約112円だった場合、約39,000円となると噂されています。

スポーツ向けAirPods(AirPods X)

beatsx
Beats by Dr. Dre BeatsXイヤフォン

AppleはBeatsブランドからスポーツ向けイヤホンを販売していますが、「PowerBeats」や「Beatsˣ」などの位置づけで、イヤホンを発売するという噂があります。

小型のHomePod(HomePod mini)

homepod-white-shelf

HomePodのローエンドモデルとして「HomePod mini」が発売されるという情報があります。発売は今秋の可能性が濃厚。

価格は150〜160ドルとなるとの噂。詳細は明らかになっていません。

「WWDC 2020」は6月23日午前2時からストリーミング配信

新型コロナウイルスの影響で、史上初のオンライン開催となる「WWDC 2020」。スペシャルイベント基調講演は日本時間6月23日午前2時よりストリーミング配信されます。

基調講演は、Apple TV、YouTube、Apple Developerアプリおよびウェブサイトで配信。今年はMac版「Apple Developer」アプリもリリースされています。

WWDC Special Event Keynote — June 22, 2020 – Apple

個人的に期待しているのは忘れ物防止タグ「AirTags」、オーバーイヤーヘッドホン「AirPods Studio」、ワイヤレス充電器「AirPower」の3つ。(AirTags以外はまだ出そうにないなと思っていますが)

開幕まであと数日。間に合いませんが、新製品購入のために節約生活に突入です。

Apple Developer
Apple Developer
カテゴリ
辞書/辞典/その他
販売元
Apple