Apple、自社製チップを採用したMacへの移行計画を「WWDC 2020」で発表か――Bloomberg報道

Apple、自社製チップを採用したMacへの移行計画を「WWDC 2020」で発表か――Bloomberg報道

Appleは、6月22日より開催する年次世界開発者会議(WWDC 2020)において、Intel製チップに代わる、自社製とARMチップを搭載したMacへの移行を発表する可能性があります。Bloombergが報じています。

WWDC 2020でARMチップを採用したMacが発表される

apple_wwdc-announcement_ready-set-code_05052020

Bloombergによると、Appleは「WWDC 2020」で、Intel製チップに代わる、自社開発のARMベースのチップを採用したMacへの移行を計画しており、「WWDC 2020」で発表する準備を進めているとのこと。複数の関係筋からの話として報じています。

ARMチップは「Kalamata」というコードネープで開発中で、WWDCで発表することで、2021年に発売予定のARMベースのMacが発売されるまでに、開発者に時間を与える方針だとしています。

Appleが自社開発のプロセッサを搭載するのは、Macの歴史上初めて。Appeはプロセッサを変更するのは今回が3度目。1回目は1990年代初頭にMotorolaのプロセッサからPowerPCへの移行。2回目は2005年はPowerPCかIntelへと移行しています。

Appleのチップ開発グループは、Intel製チップがパフォーマンスの伸びが鈍化したことを受け、ARMベースのチップへの変更を決定したそうだ。Intelのロードマップに固執することで、Macのリリーススケジュールに遅れが発生することが懸念されていました。

Intel製チップより大幅にパフォーマンスが改善、消費電力も少なく

嬉しいことに、Intel製チップからARMベースのチップに乗り換えることで、大幅なパフォーマンスの改善が見られたとのこと。特にグラフィックス性能や、AI(人工知能)を使用したアプリでは顕著だったといいます。

さらにはARMベースのチップのほうが電力効率が高いことも報告されているとのこと。将来的にはMacBookシリーズがさらに軽量化される未来も見えてきます。

Bloombergは、この発表が今年のWWDCのハイライトとなると予測。しかし、新型コロナウイルスによる世界的な影響から、発表されるタイミングは変わる可能性があるとしています。