15インチ MacBook Air、2023年に登場する可能性

15インチ MacBook Air、2023年に登場する可能性

2022年3月25日

Appleは2023年に、15インチのMacBook Airを発表する可能性があるようです。ディスプレイ業界のサプライチェーンを調査するDSCCの最新レポートで、明らかになりました。9to5Macが伝えています。

2023年に登場する「MacBook Air」は新しいラインナップに?

macbook-air

ディスプレイ業界のサプライチェーン向けに調査レポートなどを報告するDSCC(Display Supply Chain Consultants)の最新レポートで、Appleは2023年に15インチのMacBook Airを発表する可能性があると伝えられています。

同社のCEOを務めるRoss Young氏が、9to5Macに最新レポートで伝えられているAppleの情報の一部を共有したとのこと。

レポートによると、Appleは2023年にMacBook Airに新しいディスプレイサイズを追加する計画があり、約15インチのMacBook Airが登場する可能性があるそう。また13.3インチモデルも少しディスプレイサイズが大きくなる計画だといい、13〜14インチの間になるだろうとしています。

またエントリー向けのiPadもディスプレイサイズが大きくなる計画があるとのこと。現在のモデルは10.2インチです。

Appleの情報で信頼性の高いBloombergのMark Gurman氏によると、デザインを刷新したMacBook Airは2022年後半に登場するとのこと。DSCCの伝える15インチ MacBook Airは2023年ということなので、次期MacBook Airには15インチモデルは存在しない可能性があります。

drip公認バリスタ