4カ月ぶり「Amazonタイムセール祭り」開始!リモートワーク環境が一通り揃いそうだ

4カ月ぶり「Amazonタイムセール祭り」開始!リモートワーク環境が一通り揃いそうだ

Amazonは6月27日、39時間限定のビッグセール「タイムセール祭り」をスタートしました。タイムセール祭りが開催されるのは今年2月以来、4カ月ぶり。Amazonデバイスや、在宅勤務で活躍しそうなガジェットなどが多数セール対象です。

39時間限定「タイムセール祭り」がスタート!在宅勤務の仕事環境を揃えちゃおう

amazon-sale
Amazon タイムセール祭り | Amazonが開催するビッグセール

Amazongが、39時間限定「タイムセール祭り」をスタートしました。開催期間は6月27日(土)9時00分〜6月28日(日)23時59分。

レビューの評価が星4つ以上の人気商品が中心の「特選タイムセール」や、売れ筋商品が多数登場する「数量限定タイムセール」を実施。Amazonデバイスや、新型コロナウイルスの影響で増加した在宅勤務で役立つガジェット、食料品など幅広い商品が対象となっています。

また最大7.5%(上限5,000ポイント)還元となる「ポイントアップキャンペーン」も実施。プライム会員Amazonアプリからの購入、Amazon Mastercardでの購入を組み合わせることで最大7.5%還元となります。

time-sale
キャンペーン期間中のお買い物で最大5,000ポイントプレゼント
Amazon タイムセール祭り | Amazonが開催するビッグセール

「数量限定タイムセール」では怪しい商品に要注意

特選タイムセール」では怪しい商品が出品されることは少ないですが、「数量限定タイムセール」では「価格の不当表示」や「品質の悪い商品」「やらせレビューの多い商品」などが紛れ込み、問題となったことがあります。

特に「ワイヤレスイヤホン」などモバイルガジェット関連には怪しい商品が多め。以下のポイントを留意することで、怪しい商品を簡単に見分けられると言われています。

  • Amazon.co.jpが販売、発送する商品を選ぶ
  • 商品名の先頭に「メーカー名」「ブランド名」が入っていない商品は避ける
  • メイン画像が「白抜きになっていない」「文字が入っている」「特殊加工がされている」商品は避ける

1つ目はAmazonがしっかりと審査をしているであろう、「Amazon.co.jpが販売する商品」を選ぶことで怪しい商品はほぼ避けることができます。商品ページに「この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します」と記載されている商品はほぼ間違いなく安心。

2つ目は商品名の頭に「メーカー名」「ブランド名」が入っていない商品は疑いましょう。Amazonの出品者向けの利用規約で定められている項目になるため、違反している商品は怪しいと考えたほうが良いでしょう。

3つ目は商品画像が「白抜きになっていない」「文字が入っている」「(雷など)特殊な加工や表現がされている」ような商品は注意しましょう。これも利用規約で定められている項目で、怪しいとされる商品の多くは違反しています。

Amazon タイムセール祭り | Amazonが開催するビッグセール

「特選タイムセール」で気になったオススメ商品

Amazon タイムセール祭り | Amazonが開催するビッグセール