「リツイートする前にリンク先を読んで」Twitterがユーザーに催促を表示、近日中に提供予定

「リツイートする前にリンク先を読んで」Twitterがユーザーに催促を表示、近日中に提供予定

2020年9月25日

Twitterが一部ユーザーに対し実施していた、リンクのあるツイートをリツイートする前に、リンク先を開いてからリツイートするように促すテストの結果を受け、近日中に全ユーザーに同様の表示を展開すると発表しています。

「リツイート前にリンク先を読んで」テスト結果は上々

twitter-1.jpg
Twitter公式アカウントより

Twitterは今年6月、一部のユーザーを対象に「リツイートする前に、リンク先の記事を読んで」と表示するテストを開始。テスト結果は上々で、今後は全ユーザーに同様の催促表示を展開すると発表しました。

催促画面では「見出しだけではすべてを伝えられない」「リツイートする前にTwitterで記事を読むことができます」と表示。テストの結果、表示を見てから記事を開いたユーザーが40%増加、リツイート前に記事を開くユーザーが33%増加したと報告しています。

Twitter「近いうちに、全ユーザーに提供予定」

「リツイート前に記事を読んで」と催促を表示する機能は、1度見たユーザーに対しては表示を小さくするとのこと。Twitterは「近いうちに、こちらの機能を皆さまへご案内できるように取り組んでいます」としています。

この機能は「健全な会話」を目指す取り組みの一貫。フェイクニュースや誤った情報が拡散されないよう、ユーザーにリンク先の確認を促すことで、リツイートするか判断する機会を作るというもの。TwitterやFacebookは、ユーザーが他者に対して攻撃的な投稿をしようとすると、警告を表示するテストも実施しています。