どれを買う?「iPhone 12」シリーズを項目ごとに点数化して、自分に最適なモデルを選んでみる

どれを買う?「iPhone 12」シリーズを項目ごとに点数化して、自分に最適なモデルを選んでみる

Appleから発表された「iPhone 12」シリーズ。それぞれに特徴があってどのモデルを選べばわからない、という人のために主要な項目を比較して点数化してみました。

「iPhone 12」シリーズ、4モデルそれぞれに特徴があって悩ましい

iPhone-12-package.jpg

Appleから2020年の最新モデルとして「iPhone 12」シリーズの4モデルが発表されました。

それぞれの違いをざっくり説明すると、

  • スタンダードモデルの「iPhone 12」
  • スタンダードモデルを小型化した「iPhoen 12 mini」
  • ハイエンドモデルの「iPhone 12 Pro」
  • ハイエンドモデルのカメラをより高性能にした「iPhone 12 Pro Max」

といった感じ。

しかし、これだけの情報では、なかなか1つに絞れないという悩ましい問題があります。カメラ性能は良い方がいいし、小さい方がいいし、とはいえバッテリー持続時間も気になる……などなど。

そこで各項目をランキング形式で比較・点数化することで、自分にピッタリのモデルを選べないか?と試みてみたところ、なかなか良い感じになったのでご紹介します。

「iPhone 12」シリーズをランキング形式で比較し点数化

カメラ性能

順位モデル名加点
1位iPhone 12 Pro Max+4
2位iPhone 12 Pro+3
3位iPhone 12+2
iPhone 12 mini+2

「iPhone 12」シリーズ全般で、超広角でのナイトモード撮影が利用できるようにアップグレードされています。スタンダードモデルはデュアルカメラ仕様、ハイエンドモデルはトリプルカメラ仕様です。

全モデルが「Dolby Vision対応HDRビデオ撮影」に対応していますが、スタンダードモデルは30fps、ハイエンドモデルは60fpsで撮影可能

加えてハイエンドモデルはLiDARセンサーを搭載し、暗所撮影に強くなっています。特にiPhone 12 Pro Maxはセンサーサイズの大きさや望遠レンズの焦点距離の違いなど、断トツで優秀なモデルになっています。

手ブレ補正性能

順位モデル名加点
1位iPhnoe 12 Pro Max+4
2位iPhone 12 Pro+3
3位iPhone 12+2
iPhone 12 mini+2

スタンダードモデルは「光学式手ぶれ補正」を搭載していますが、ハイエンドモデルは「デュアル光学式手ぶれ補正(広角、望遠)」を搭載。iPhone 12 Pro Maxは「センサーシフト光学式手ぶれ補正(広角)」も追加され、手ぶれ補正に最も強いモデルになっています。

重量・サイズ

順位モデル名加点
1位iPhone 12 mini+4
2位iPhone 12+3
3位iPhone 12 Pro+2
4位iPhone 12 Pro Max+1

iPhoneは毎日持ち運ぶものなので軽いほうがメリットが大きいでしょう。重量で見ると、本体サイズにそのまま比例してiPhone 12 mini(133g)が最も軽く、iPhone 12 Pro Max(226g)が最も重量があります。

本体サイズが同じiPhone 12とiPhone 12 Proでは、iPhone 12がわずかに軽く162g、iPhone 12 Proが187gとなっています。

ディスプレイサイズ

順位モデル名加点
1位iPhone 12 Pro Max+4
2位iPhone 12 Pro+3
3位iPhone 12+2
4位iPhone 12 mini+1

ディスプレイサイズはユーザーの好みにもよるところなので、大きければ良いとは一概に言えませんが、クオリティの高いゲームや動画など、デジタルコンテンツがリッチになっているため、ディスプレイが大きいほうが楽しめるシーンが増えています。

ディスプレイ性能そのものは、全モデルがほぼ同じ。最大輝度のみスタンダードモデルの2機種が625ニト(標準)、ハイエンドモデルが800ニト(標準)と差がありますが、HDR時は全モデル1,200ニトとなっています。

価格

順位モデル名加点
1位iPhone 12 mini+4
2位iPhone 12+3
3位iPhone 12 Pro+2
4位iPhone 12 Pro Max+1

価格は安ければ安いほど助かります。iPhone 12 miniは74,800円〜、iPhone 12は85,800円〜、iPhone 12 Proは106,800円〜、iPhone 12 Pro Maxは117,800円〜という価格設定。

ストレージ容量

順位モデル名加点
1位iPhone 12 Pro Max+3
iPhone 12 Pro+3
3位iPhone 12+2
iPhone 12 mini+2

より高画質な写真や動画撮影が可能になったことや、デジタルコンテンツのリッチ化などに伴い、ストレージ容量が最小構成では間に合わない人も多いハズ。

クラウドストレージなどを活用すれば本体のストレージ容量にこだわる必要はそこまでないかもしれません。全モデルで256GBまでは用意されていますし、より大きなデータを扱うハイエンドモデルは512GBまで用意されています。

カラーバリエーション

順位モデル名加点
1位iPhone 12+2
iPhone 12 mini+2
iPhone 12 Pro+2
iPhone 12 Pro Max+2

カラーバリエーションは最も好みがわかれるところ。スタンダードモデルはブラック、ホワイト、PRODUCT RED、グリーン、ブルーの5色展開。ハイエンドモデルはシルバー、グラファイト、ゴールド、パシフィックブルーの4色展開です。

スタンダードモデルのほうがポップなカラーですが、ハイエンドモデルはゴージャス。ここは差がつけにくいため全モデル1位タイとしました。

対応するケースの種類

順位モデル名加点
1位iPhone 12 Pro+3
iPhone 12+3
3位iPhone 12 Pro Max+2
iPhone 12 Pro Mini+3

対応するiPhoneケースのバリエーションは、少しずつ増えてくると思いますが、最もスタンダードなサイズが一番バリエーションが豊富になります。

おそらくiPhone 12 Pro、iPhone 12が最もバリエーションが豊富になり、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro Maxがそれに続く形になるのではないでしょうか。

バッテリーの待機時間

順位モデル名加点
1位iPhone 12 Pro Max+4
2位iPhone 12 Pro+3
iPhone 12+3
4位iPhone 12 mini+2

バッテリー待機時間は本体サイズに依存する部分が大きくなります。そのためiPhone 12 Pro Maxが最も長く、iPhone 12 miniが最も短くなるという結果。

ビデオ再生時間で比較すると、iPhnoe 12 Pro MaxとiPhone 12 miniは最大5時間の差があります。

発売日

順位モデル名加点
1位iPhone 12+3
iPhone 12 Pro+3
3位iPhone 12 Pro Max+2
iPhone 12 mini+2

いますぐ手に入れたい!早く機種変更が必要!という人はそれほど多くはいないと思いますが、発売日にも違いがあります

iPhone 12、iPhone 12 Proが10月23日。iPhone 12 mini、iPhnoe Pro Maxが11月13日です。

結局どの「iPhone 12」シリーズを選ぶ?

上記のポイントを集計した結果、総合的な順位はiPhone 12 mini以外が同着1位になりました。

総合得点

順位モデル名加点
1位iPhone 12 Pro Max27
iPhone 12 Pro27
iPhone 1227
4位iPhone 12 mini24

iPhone 12 miniの評価ポイントは、価格の安さ、ボディサイズの小ささ・軽さの2点に絞られるため、全体の得点が伸び悩んでいますが、視点を変えて、カメラ性能や手ブレ補正、バッテリー、発売日などの項目を除けばiPhone 12 miniが最高得点なります。

「iPhone 12」シリーズに買い替えを検討している人は、上記のランキングから自分の重要視するポイントとそうでないポイントを整理すると、最適なモデルが選ぶ手助けになるはず。

例えば僕の場合ですと、ディスプレイサイズ、価格、バッテリーは特に重要視していないのでiPhone 12 Proが最高得点になりました。参考までに。