Instagram、投げ銭機能を日本でもテスト開始

Instagram、投げ銭機能を日本でもテスト開始

Instagramは10月21日、クリエイターがInstagramライブでファンとのつながりを深め、さらに収益を得ることができる「バッジ機能」のテストを日本でも開始したと発表しました。すでにアメリカの一部クリエイターを対象に、バッジ機能のテストが開始されています。

Instagramの投げ銭機能、日本でもテスト開始

Badges-in-Instagram-Live.jpg

Instagramがクリエイターの収益化の手段のひとつとしてテスト中の「バッジ機能」を、日本のクリエイター向けにもテストを開始すると発表しました。

「バッジ機能」はいわゆる"投げ銭"機能とよばれる機能で、YouTubeの「スーパーチャット」などが代表的。バッジには、120円・250円・610円の3種類が用意され、購入するとコメント欄に自分のアカウント名と購入したバッジのアイコンが表示されます。

クリエイターは、ファンから応援してもらいコンテンツの収益化をすることで、継続的に活動していくことができます。Instagramでの収益化が可能になるバッジ機能は、クリエイターの活動を支援することが狙いといえるでしょう。

11月には、クリエイターがバッジ機能で得た収益と同額をFacebook社がマッチングし、上乗せ支払うプログラムを開始する予定だとしています。