2021年の祝日、五輪開催で変更 新しい手帳などを買った人は要注意

2021年の祝日、五輪開催で変更 新しい手帳などを買った人は要注意

2021年の東京五輪開会式、閉会式にあわせて祝日を移動する改正特別措置法が可決、成立したことで、2021年に限り祝日が移動されます。具体的には「海の日」「山の日」「スポーツの日」が移動します。すでに販売されている2021年の手帳やカレンダーは、改正特別措置法の成立前の祝日となっているので注意が必要。

東京五輪で「海の日」「山の日」「スポーツの日」が移動

gorin-holiday.jpg

2021年の東京五輪開会式、閉会式にあわせて祝日を移動する改正特別措置法が可決、成立したことで、「海の日」「山の日」「スポーツの日」が移動します。

具体的には、「海の日」が7月19日から7月22日、「スポーツの日」が10月11日から7月23日、「山の日」が8月11日から8月8日に移動。

名称変更前変更後
海の日7月19日7月22日
スポーツの日10月11日7月23日
山の日8月11日8月8日

7月23日には開会式、8月8日には閉会式が開催される。8月8日は日曜日なので、翌8月9日は「祝日法第3条第2項による休日」として祝日となります。

すでに販売中の手帳やカレンダーは、2020年2月時点での祝日なので注意

なお現在販売されている2021年の手帳やカレンダー、予定表の多くは2020年2月時点の祝日設定で印刷されたもの。新しく手帳を購入する人は注意が必要です。

新しい手帳、カレンダーを買ったら祝日をチェック。変更後の祝日になっていなかったら、すぐに書き換えておきましょう。うっかり休んじゃいそう。ちなみに、Googleカレンダーの「日本の祝日」は変更後の祝日になっていました。