Google、2年利用がないアカウントはデータ削除 2021年6月から

Google、2年利用がないアカウントはデータ削除 2021年6月から

Googleは2021年6月1日より、Googleフォト、Gmail、Googleドライブの各サービスポリシーを変更し、2年間利用していないアカウントは、サービスからすべてのコンテンツが削除されます。

Google「データ容量超過を2年間放置してたら、保存データを全て削除します」

google
Photo by Kai Wenzel on Unsplash

Googleが、2021年6月1日より、Googleフォト、Gmail、Googleドライブの各サービスポリシーを変更すると案内しています。

新しいポリシーでは、Googleアカウントの保存容量を超過している状態が2年間続いているにも関わらず、超過を解消しようとするアクション(空き容量を増やしたり、追加容量を購入したり)がとられていない場合は、各サービスから全てのコンテンツが削除されます

Google「2年間放置されているアカウントは、保存データを全て削除します」

また各サービスを2年間利用していない場合も、そのサービスから全てのコンテンツが削除されます。

例えば「Googleフォトは利用していて、Gmailは利用していない」という場合は、Googleフォトのデータは削除されません。

データを有効な状態で維持するためには、各サービスをウェブまたはGoogleアプリで定期的に利用することが推奨されています。その際は、Googleアカウントにログインし、インターネットに接続された状態である必要があります。

データ超過の放置、アカウントの放置、どちらの場合であっても、保存データが削除対象となる3カ月以上前に、通知やメールで事前に連絡をし、回避策を提案。Googleからコンテンツをダウンロードする機会も提供します。

この処理は、早ければ2021年6月1日に実施されるということです。