Apple、「AirPods Max」を発表!12月15日発売、61,800円

Apple、「AirPods Max」を発表!12月15日発売、61,800円

2020年12月8日

Appleは12月8日、オーバーイヤーヘッドホン「AirPods Max」を発表しました。12月15日に発売、価格は61,800円です。

「AirPods Max」発表、本日より予約注文を開始

apple_airpods-max_hero_12082020
AirPods Max

Appleは12月8日、革新的なワイヤレスヘッドホン「AirPods Max」を発表しました。

AirPodsの使い勝手に加え、原音に忠実なサウンドを実現。独自の音響設計と、H1チップを左右に登載。アダプティブイコライゼーション、アクティブノイズキャンセリング、外部音取り込みモード、空間オーディオなどが利用できます。

カラーバリエーションは、スペースグレイ、シルバー、スカイブルー、グリーン、ピンクの5色展開。

12月8日より予約注文を開始、12月15日から発売となります。価格は61,800円。

AirPods Max - Apple(日本)

「AirPods Max」機能詳細

誰が使っても特別な音響特性を発揮できる仕組みで、ヘッドバンドのキャノピーはニットメッシュ素材で、全体の重さを分散し、頭部にかかる圧力を分散。

apple_airpods-max_top-red_12082020

イヤーカップは独立して回転し、ユーザーごとに異なる頭の曲線にフィットする仕組み。操作はApple Watchからヒントを得たDigital Crownを採用し、音量調整や再生/停止、曲のスキップ、電話の応答、Siriの起動などができます。

apple_airpods-max_side-view_12082020_2

Appleが設計した40mm口径のダイナミックドライバを登載し、低音域、中音域、高音域のどんな音もはっきりと聞こえるとのこと。このあたりは試してみないとちょっと眉唾。

apple_airpods-max_internals_12082020

左右に埋め込まれたH1チップ、独自の音響設定、ソフトウェアを活用した「コンピュテーショナルオーディオ」が最も注目すべきポイント。

各チップに登載された10個のオーディオコアを利用して、外部のノイズを遮断。イヤークッションの吸着度と密閉度にあわせてオーディオを調節する「アダプティブイコライゼーション」に加え、AirPods Proでも評価の高い「アクティブノイズキャンセリング」、「空間オーディオ」、「外部音取り込みモード」などが利用できます。

apple_airpods-max_listening-experience-2_12082020

バッテリーは最長で連続20時間駆動。付属するSmart Caseは、AirPods Maxを収納すると超低電力状態に切り替わり、未使用時のバッテリー消費を抑えてくれます。

apple_airpods-max_smart-case-blue_12082020

それにしても6万円は、ちょっと躊躇する価格設定です。SONYの「WH-1000XM4」やBOSEの「Headphones 700」と比較しても約1.5〜2倍のお値段。その分、AirPods Maxでしか体験できない「コンピュテーショナルオーディオ」があるわけですが、そこにどれだけの価値を見いだせるかが購入の決め手になりそう。

とはいえ、Appleブランドのヘッドホンは2018年頃から噂され続けていただけに、やっと来たかという気持ち。迷わずポチりましたが、この記事を書いてたら発売日ゲットは逃してしまいました。

AirPods Max - Apple(日本)