「iPhone 13」上位モデルのディスプレイは120Hz、常時表示に対応?LTPO採用の可能性

「iPhone 13」上位モデルのディスプレイは120Hz、常時表示に対応?LTPO採用の可能性

2021年に発売される「iPhone 13」では、LTPOディスプレイが採用される可能性が伝えられています。LPTOを採用すると、リフレッシュレート120Hzを実現し、バッテリー効率の改善などが期待されます。

「iPhone 13」はLPTOディスプレイを採用する可能性

iphone-12
Photo by Denis Cherkashin on Unsplash

2021年に発売される「iPhone 13」ではLPTOディスプレイが採用される可能性が伝えられています。LPTOを採用すると予測されているのは上位(Pro)モデルとされています。

LPTOとは「Low Temperature Polycrystalline Oxide」の略称。電力消費を大幅に抑えられるため、Apple Watch Series 4以降で採用されています。

LTPOを採用することで、リフレッシュレート120Hz、バッテリー持続時間の伸長が期待されます。

LPTO採用でディスプレイの常時表示も可能に?

LPTOが採用されれば、Apple Watchと同様に常時表示も可能になります。

Apple WatchはSeries 4でLPTOを採用しましたが、常時表示を有効にしたのはSeries 5以降のモデル。iPhoneで常時表示に対応するかは現時点では不明です。