「AirPods Max」ファーストインプレッション、ヘッドホンが欲しいだけなら買う必要はない

「AirPods Max」ファーストインプレッション、ヘッドホンが欲しいだけなら買う必要はない

Appleから発売された初めてのオーバーイヤーヘッドホン「AirPods Max」が届いた。早速1日を通して利用してみたが、率直な感想は「買う価値があるかは、ユーザー次第」といったところだ。単純に新しいヘッドホンが欲しいだけなら、SONYの「WH-1000XM4」のほうがいいだろう。

僕は「AirPods Max」を買った。後悔はしていない

airpods-max-first-2.jpg
AirPods Max。カラーはスペースグレイ

Appleブランドとして初めてのオーバーイヤーヘッドホン「AirPods Max」。価格は61,800円(税別)と、非常に高い設定だ。まず先に述べておくと、僕は買ったことを後悔していない。

オーディオ機器にどこまでお金を出せるか、というのは人それぞれだろう。これまで10万円以上のイヤホンを購入したこともあるが、そんな僕でもAirPods Maxは高いと感じていた。実際に使ってみるとApple製品でしか得られない体験も含めて、妥当な値段設定と認識を改めた。

AirPods Maxの音は、良くも悪くもAppleらしい音で、BOSEなどのヘッドホンにありがちな低音が強いこともなく、低音から高音までバランスがよい印象だ。ボリュームを小さくしていると、低音がやや弱く感じるが、音楽や映画の観賞がメインと考えるとそれほど小さなボリュームで使うことは考えにくいので大きな問題はないだろう。

AirPods Maxを手にとったらまずは試してほしいのが「空間オーディオ」。AirPods Proで体験はしていたものの、AirPods Maxではさらに1つ上のレベルを体験できる。現状ではiPhoneやiPadで対応するコンテンツを再生しないと空間オーディオは利用できないが、次期Apple TVあたりで大画面で空間オーディオを体験できるようになってくれれば、もう映画館はいらないかもしれない。

多くのヘッドホンはプラスチックの本体だが、AirPods Maxのイヤーカップはアルミニウム。フレームはステンレススチールで、ヘッドバンドのキャノピー(頭頂部)はニットメッシュを素材を採用し、全体的に高級感がある。

airpods-max-first-3.jpg
全体的に高級感がある

Apple Watch譲りのデジタルクラウンによる操作は思った以上に快適。またアクティブノイズキャンセリングも優秀で、物理ボタン(ノイズコントロールボタン)を押せば、外部音取り込みモードへの切り替えも簡単に操作できる。操作性について不満は全くない。

AirPods Maxは384.8gあり、ヘッドホンとしては重い。しかし実際に装着してみると、キャノピーのニットメッシュもあって重さはそれほど気にならない。装着して動いたり、長時間使用したり、利用シーンによっては重さが気になるだろう。僕自身はそういった使い方をすることはないので、重さはそれほどのデメリットにはなっていない。

airpods-max-first-4.jpg
ニットメッシュが重さをあまり感じさせない

充電がLightning端子なのは個人的には微妙だ。iPhoneはワイヤレス充電をするユーザーが増えているだろうし、Lightningケーブルは全く使っていないユーザーも多いだろう。僕のデスク周りにAirPods Maxを充電するためだけに、Lightningケーブルを用意しておかなくてはならなくなった。

airpods-max-first-5.jpg
Lightning端子は微妙だ

イヤーカップはクッション性が高いため、眼鏡をした状態での使用でも気にならない。これは眼鏡ユーザーとしては嬉しいポイントだった。左右を示すLRもイヤーカップ内側に書かれているので、左右を間違えることはないだろう。装着時の状態を認識してサウンドを調整するアダプティブイコライゼーションも備えている。

ヘッドホンを長く利用していて最も破損がでるのはイヤーカップだが、AirPods Maxはイヤーカップを単品でも購入できる(記事公開時は未発売)。AirPods Max本体のアップデートがどの程度の頻度で行われるかは不明だが、長期間使い続けることはできるだろう。

airpods-max-first-6.jpg
イヤーカップのクッションは付け心地が良い

最後になるが、忘れてはならないのが「SmartCase」だ。なにはともあれダサい。SmartCaseに収納することで、超低電力状態に変更することができるが、ケースに収納せずとも時間が経てば自然と超低電力状態になる。

折りたたむこともできず、重量もあるため、持ち運びをすることもあまりないだろう。本体を保護するという意味ではあったほうがいい。高級感のある本体は、傷がついたらショックは大きい。

airpods-max-first-8.jpg
SmartCaseはダサい

「AirPods」という名前のヘッドホンであるため、使い勝手はAirPodsそのもの。耳から外せば自動で音楽が停止されるし、macOS Big SurやiOS 14/iPadOS 14を利用していればデバイス間の切り替えも自動で行われる。

Apple信者でも「信心を問われる」とも言われた高価なヘッドホン。どんなユーザーなら買って後悔しないのか。少し考えてみたい。

「AirPods Max」はApple製品でしか得られない体験に価値がある

僕は新しい商品を買うときに「購入を迷う理由がお金なら買え。お金以外の理由で迷うなら買うな」というポリシーを持っている。AirPods Maxで当てはめると前者だったので購入した。

率直に、ヘッドホンが欲しいならAirPods Maxを買う必要はない。もっと安価でコンパクトに収納でき、同等程度の音質を体感できるヘッドホンは他にもある。SONYの「WH-1000XM4」などは良い例だろう。

airpods-max-first-8.jpg
ヘッドホンが欲しいだけなら買う必要はない

しかし、Apple製品は組み合わせることで真価を発揮する。デバイス間の自動切り替えだったり、空間オーディオだったり、Appleの提唱するコンピュテーショナルオーディオだったり、Apple製品でしか得られない体験はたしかにある。

もしAirPods Maxの購入を検討している人がいれば考えて欲しい。あなたが欲しいのはヘッドホンですか?Appleの体験ですか?