M1チップ搭載Mac、Bluetooth接続の問題を近く修正か 最新ベータでも未解決という指摘も

M1チップ搭載Mac、Bluetooth接続の問題を近く修正か 最新ベータでも未解決という指摘も

Appleシリコン(M1チップ)を搭載したMacで確認されている、Bluetoothデバイスとの接続が切れたり、動作しなくなったりする問題について、Appleが近く問題を修正したソフトウェアップデートを提供する予定だと伝えられています。

M1チップ搭載MacのBluetooth接続問題、近く修正へ

m1.jpg

Appleシリコン(M1チップ)を搭載したMacで、Bluetoothデバイスの接続が切断されたり、正常に動作しなくなったりする問題が確認されていますが、Appleは問題を認識していて、修正に取り組んでいるようです。MacRumoursが伝えています。

筆者もM1チップを搭載した13インチ MacBook Proを使っていますが、Bluetooth接続問題には遭遇しています。具体的にはAirPods Maxの接続が不安定だったり、ロジクールの「MX MASTER 3」マウスのスクロールが正しく動作しなかったり、ボタンが反応しなくなったりしています。

Bluetooth接続問題が、ソフトウェアによるものか、ハードウェアによるものか、Appleからコメントは発表されていませんが、The AtlanticのライターのIan Bogost氏が、Appleは修正を進行中で、いつでもリリースできる状態であるとしています。

最新ベータ版で修正されているはずが、修正されていないという報告も

Ian Bogost氏によると、Appleは「(Bluetooth接続問題が解消された)ベータ版がある」と回答したようですが、Ian Bogost氏はベータ版を確認してはいなかったそう。

最新のmacOS Big Surベータを利用しているユーザーからは、AirPods Max、AirPods Proが相変わらず途切れると指摘もあるため、今後リリースされるベータ版に含まれているのでしょうか。

なにはともあれ修正するなら早くして欲しいですね。

drip公認バリスタ