これは嬉しい!交通系ICカードが駅の入場券に、モバイルSuicaやApple Payも対応

これは嬉しい!交通系ICカードが駅の入場券に、モバイルSuicaやApple Payも対応

JR東日本は1月19日、Suicaなどの交通系ICカードを駅の入場券のように利用できる新サービス「タッチでエキナカ」を3月13日より開始すると発表しました。

交通系ICカードが入場券として利用できるようになります

touch-ekinaka.jpg

JR東日本が、Suicaなどの交通系ICカードを駅の入場券のように利用できる新サービス「タッチでエキナカ」を、3月13日初電より開始すると発表しました。

エキナカ施設の利用や送迎などの目的で、在来線の駅構内に入場する際に利用できるサービス。交通系ICカードで同一駅の自動改札を2時間以内に入出場した場合に適用され、利用料金は自動改札機の出場時に精算されます。

実施エリアはJIR東日本Suicaエリア(首都圏・仙台圏・新潟圏)の在来線改札内。利用できるのは、在来線自動改札機(ゲート型)のみ。簡易改札機や新幹線改札機では利用できないため、新幹線改札内に入場する際は、これまで通り入場券を購入する必要があります。

対応する交通系ICカード、利用料金は

「タッチでエキナカ」に対応するのはSuicaを含む全国相互利用対象の10種類の交通系ICカード。モバイルPASMOや、Apple PayのSuicaでも利用できます。

  • Suica
  • PASMO
  • Kitaca
  • TOCA
  • manaca
  • ICOCA
  • PiTaPa
  • nimoca
  • SUGOCA
  • はやかけん

利用料金は、きっぷの入場券と同額。電車特定区間の駅は140円、それ以外の駅は150円。電車特定区間は以下の画像のとおり。

touch-ekinaka-2.jpg