「iPhone 13」全モデルでセンサーシフト光学式手ぶれ補正を搭載か

「iPhone 13」全モデルでセンサーシフト光学式手ぶれ補正を搭載か

Appleが2021年に発表する予測される「iPhone 13」シリーズでは、すべてのモデルにセンサーシフト光学式手ぶれ補正が搭載される可能性が伝えられています。

「iPhone 13」は全モデルがセンサーシフト式光学手ブレ補正に?

iphone-13-rumour.jpg
iPhone 12 Pro Maxで採用されたセンサーシフト式光学手ブレ補正

Appleが今秋発売する「iPhone 13(仮)」シリーズは、「iPhone 12」シリーズと同様に4機種登場すると予測されていますが、すべてのモデルでセンサーシフト式光学手ブレ補正が搭載される可能性があるようです。

「センサーシフト光学式手ぶれ補正」は、従来のレンズに手ブレ補正を組み込んだ「レンズ式光学手ブレ補正」ではなく、センサーを動かすことで手ブレ補正をする機能。Appleは「高性能のデジタル一眼レフの手法を採用しています」と紹介しています。

一般ユーザーが使うケースでは、センサーシフト式とレンズ式の違いをはっきりと体感できるかといえば難しいでしょうが、Appleとしてはセンサーシフト式のほうが高性能と位置づけています。

本当だったとしても広角レンズのみに?

センサーシフト式光学手ブレ補正はiPhone 12 Pro Maxにのみ搭載されています。ただし動作するのは広角レンズのみで、望遠と超広角レンズは従来の光学式手ブレ補正です。

iPhone 13シリーズにセンサーシフト式が採用されたとして、広角以外のレンズでもセンサーシフト式が動作するかは不明。

なお、Appleの情報に国内で最も詳しいMacお宝鑑定団Blogでは、中国サプライヤーからの情報として、「iPhone 13」はProモデルのみセンサーシフト式を採用する可能性があるとしています。