ホワイトハウス公式サイトにイースターエッグ、バイデン氏が大統領就任でリニューアル

ホワイトハウス公式サイトにイースターエッグ、バイデン氏が大統領就任でリニューアル

アメリカの第47代大統領にジョー・バイデン氏が就任したことで、ホワイトハウス公式サイトのリニューアルされ、時代にあわせたレスポンシブデザインやダークモードなどが追加。さらにはイースターエッグも発見されています。

ホワイトハウス公式サイトにイースターエッグが仕込まれている

white-house.jpg
The White House

ジョー・バイデン氏がアメリカの第47代大統領に就任し、ホワイトハウス公式サイトも大幅なリニューアルが行われています。

刷新されたホワイトハウス公式サイトでは、ダークモードへの切り替えや、フォントサイズの変更、レスポンシブデザインなどが取り入れられていますが、ソースコードにイースターエッグが仕込まれていることが確認されています。

イースターエッグとは、インターネットなどIT関連では、製作者/開発者がこっそり隠したメッセージのこと。エイプリルフールなどでは、ジョークとして仕込まれることもあります。

white-house-1.jpg

ホワイトハウス公式サイトのソースコードを見ると、以下のテキストがコメントアウトされています。

If you're reading this, we need your help building back better.
あなたがこれを読んでいるのなら、あなたの助けが必要です。

コメントとともに米国デジタルサービス(USDS)のURL(https://usds.gov/apply)が記載されています。

バイデン氏のイースターエッグは選挙運動のサイトでも

バイデン氏は、選挙運動のサイトでもソースコードにイースターエッグを隠していて、「WEAR A MASK(マスクを着けよう)」というAAが仕込まれていました。

joebiden.jpg