Twitter、有料フォローで支援できる「SUPER FOLLOW」などを発表

Twitter、有料フォローで支援できる「SUPER FOLLOW」などを発表

Twitterは2月25日、投資家向けのオンラインイベント「Twitter Analyst Day 2021」を開催し、有料フォローでクリエイターを支援する「SUPER FOLLOW」などの新機能を発表しました。

有料フォローでクリエイター支援「SUPER FOLLOW」など発表

3_AnalystDay2021_Kayvon-Dantley_3

Twitterは2月25日、投資家向けのオンラインイベント「Twitter Analyst Day 2021」を開催し、クリエイター支援の機能として「SUPER FOLLOW」を発表しました。

SUPER FOLLOWは、クリエイターが支援額を設定することで、フォロワーが月額で支援できるようになる機能。有料フォローをしたユーザーは、サポートバッジや限定コンテンツの閲覧などができるようになります。

サービスの開始時期や今後の展開については明らかにされていません。

他にも「トピック」を拡張した「COMMUNITIES」という機能や、Twitterのポリシーに違反するツイートからユーザーを守る「SMARTER SAFETY」などが発表されています。

Tweetdeckの有料化などはなさそう

Bloombergは今年2月、Twitterが広告に代わる収益化の手段としてサブスクリプションの導入を検討していると報じていましたが、今回の発表では「Tweetdeckの有料化」などは発表されていません。