iOS 14.5、バッテリー再調整ツールを追加 iPhone 11などが対象

iOS 14.5、バッテリー再調整ツールを追加 iPhone 11などが対象

Appleが今春リリース予定の「iOS 14.5」では、一部で確認されているバッテリー状態の予測精度の不具合へのアップデートして、バッテリーの再調整ツールが追加されます。Appleがサポートドキュメントを公開しています。

「iPhone 11」「iPhone 11 Pro/Pro Max」のバッテリー不具合に対応

iOS-14-5-battery.jpg
画像はApple サポートより

Appleは3月31日、「iOS 14.5 のバッテリーの状態報告の再調整について」とするサポートドキュメントを公開しました。

iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」のバッテリー状態の予測が精度を欠く症例に対処するアップデートとして、「バッテリーの状態報告の再調整」をするツールが組み込まれるとしています。

不具合が確認されていたiPhoneでは、バッテリーの消耗が想定外に速いという症状があり、ピークパフォーマンス性能が低下するという症状も報告されているとのこと。これはバッテリーに問題があるわけではなく、バッテリーの状態報告に問題があったと報告しています。

バッテリーの再調整中は、設定アプリ内の「バッテリーの状態」にメッセージが表示され、再調整が完了すると最大容量とピークパフォーマンス性能が更新されます。また再調整の結果、バッテリーが著しく劣化していることが判明した場合は、バッテリー修理サービスを案内するメッセージが表示されます。

Apple「バッテリーの再調整がうまくいかない症例もわずかにある」

なおバッテリーの再調整をしてもうまくいかず、修理サービスを案内するメッセージが表示される可能性もあるといい、その場合はApple正規サービスプロバイダでバッテリーを無償交換することができると案内しています。

「バッテリーの状態の報告は現時点では的確ではない可能性があるため、Apple 正規サービスプロバイダへのお問い合わせは、再調整プロセスが終わるまで待っていただくようお願いしています」ということです。

iOS 14.5は今春リリース予定です。

iOS 14.5 のバッテリーの状態報告の再調整について