「Apple Music」空間オーディオ対応とロスレス配信を正式発表、6月から提供開始

「Apple Music」空間オーディオ対応とロスレス配信を正式発表、6月から提供開始

Appleは5月17日、「Apple Music」でDolby Atmosをサポートする空間オーディオを追加し、ロスレスオーディオで7,500万曲以上を配信すると発表しました。2021年6月からサービス提供開始。Apple Musicのユーザーは追加費用なしで利用できます。

「Apple Music」が空間オーディオとハイレゾに対応

Apple_iphone12_jbalvin-apple-music-screen_051021.jpg

Apple MusicがDolby Atmosをサポートする「空間オーディオ」に対応し、ロスレスオーディオで7,500万曲以上を配信すると発表しました。

Apple Musicのユーザーであれば、追加費用なしで視聴可能。2021年6月からサービス提供が開始されます。

ロスレスオーディオの再生を開始するには最新のApple Musicにアップデートし、設定アプリから「ミュージック」を選択、「オーディオ品質」から有効にできるとのこと。

Apple Musicのロスレスは、44.1kHz/16bitのCD品質から、48kHz/24bit、192kHz/24bitまで対応。Appleデバイスでネイティブに再生可能。ロスレスはデータ容量が大きくなるので、ユーザーがオプトインする必要があります。

またハイレゾ・ロスレスの再生にはDAC(Digital Analog Converter)などの外部機器が必要となります。

drip公認バリスタ