MacBook Pro上位モデルは初夏に発売か、メモリは最大64GB MacProは最大40コア仕様

MacBook Pro上位モデルは初夏に発売か、メモリは最大64GB MacProは最大40コア仕様

Appleは早ければ2021年初夏にも、Appleシリコンを搭載したハイエンドモデルのMacBook Proを発売する可能性があるようです。Bloombergが伝えています。

Appleシリコン搭載の「MacBook Pro」上位モデルは初夏に発売か

Apple_next-generation-mac-macbookair-macbookpro-mac-mini_11102020

Bloombergによると、Appleは2021年初夏にAppleシリコンを搭載した上位モデルの「MacBook Pro」を発売する予定だそうです。

MacBook Proの発売後、MacBook Air、新しいローエンドのMacBook Pro、新型のMac Pro、ハイエンドのMac mini、より大きなiMacも予定されているとのこと。

M1チップのパフォーマンスを大幅に上回る新プロセッサを搭載

MacBook Proは14インチと16インチで発売予定とのこと。本体は再設計され、MagSafeを搭載、外部ポートはより多くなり、HDMIポートとSDカードスロットが復活するとしています。

またプロセッサは大幅にパフォーマンスが向上するそう。M1チップは高性能コア4つ、高効率コア4つの8コア仕様で、GPUは8コア仕様ですが、新しいMacBook Proに搭載せれる新しいプロセッサは、高性能コアが8つ、高効率コアが2つの10コア仕様。GPUは16コア、32コアのバリエーションが存在するとのこと。

またメモリは最大64GBまで搭載できるといい、改良されたNeuralEngineが搭載され機械学習タスクの処理もパフォーマンスが向上するようです。

新しいMac miniはポートが4つに増え、現行のM1チップを搭載したMac miniの上位という位置づけ。発売延期になる可能性もあるとしています。

「Mac Pro」は最大50コア仕様、GPUも128コアを選択できる

2022年に発売予定のMac Proはさらに強力なプロセッサが搭載される可能性があるとのこと。

具体的には高性能コアを16〜32個、高効率コアは4〜8個で構成される20コア〜40コアの仕様が予定されているそう。GPUは65〜128コアが選択できるとのこと。

最大構成にすると、とんでもない価格になりそうですね。

drip公認バリスタ