Twitter、「認証済みバッジ」の申請を再開。新たな認証申請プロセスを導入

Twitter、「認証済みバッジ」の申請を再開。新たな認証申請プロセスを導入

Twitterは5月20日、新たな認証申請プロセスを導入し、「認証済みバッジ」の申請を再開したと発表しました。今後数週間ですべてのユーザーが新しい認証申請を行えるようになりますTwitter verification

Twitter「認証済バッジ」の申請を再開

twitter-verified

Twitterが「認証済バッジ」の申請を再開したと発表しました。再開にあたり新たな認証申請プロセスを導入。すべてのユーザーが認証申請を行えるようになります。

2021年5月時点では、認証を受けるためには以下のカテゴリーに該当している必要があります。

  • 政府機関
  • 企業、ブランド、組織
  • ニュースメディア、ジャーナリスト
  • エンターテイメント
  • スポーツ、ゲーム
  • 活動家、主催者、その他の有識者

認証されるためには、ポリシーに定められている要件を満たすほか、プロフィール名、プロフィール画像、確認済みメールアドレス、電話番号が登録されている完全なアカウントである必要があります。

年内には科学者、研究者、宗教指導者などのカテゴリーも追加される予定。

認証バッジの申請方法・手順

Twitter公式アプリの「設定とプライバシー」タブから認証申請が行えるようになります。申請をタイムリーに審査できるよう、全ユーザーへ徐々にアップデートを適用しているため、現時点では反映されていないユーザーもいるとのこと。

Twitter verification

審査の結果は通常1〜4週間以内に通知され、承認されるとプロフィールにバッジが表示されます。承認されなかった場合、結果通知後30日が経過すると再度申請することができます。

drip公認バリスタ