Twitterのサブスク「Twitter Blue」は月額350円。ツイート取り消しやカスタムアイコンに対応

Twitterのサブスク「Twitter Blue」は月額350円。ツイート取り消しやカスタムアイコンに対応

Twitterが検討中とされるサブスクリプションサービス「Twitter Blue」が、月額350円で提供されることが確認されました。App Storeで金額が確認でき、テストとして参加しているJane Manchun Wong氏も報告しています。

「Twitter Blue」月額350円で提供へ

twitter-1.jpg

Twitterのサブスクリプションサービスが、「Twitter Blue」という名称で月額350円で提供されることが明らかになりました。

App Storeの「App内課金」に、Twitter Blueのメニューが表示され料金も明記されています。

Twitter blue

Twitterは今年2月、サブスクリプションサービスを検討していると発表し、SNSの新機能に詳しいJane Manchun Wong氏が「Twitter Blue」という名称で月額2.99ドルで提供される予定とリークしていました。

Jane Manchun Wong氏は、テストのためにTwitter Blueをすでに利用開始しているといい、提供されるサービス内容について、以下の機能が追加されると報告しています。

  • ツイートの取り消し機能
  • ブクマークを整理できるコレクション機能
  • カラーテーマ
  • カスタムアイコン
  • リーダーモード

広告非表示には今のところ対応していない

Twitter Blueを利用しても、現時点では広告非表示や広告の減少は適用されていないようです。

Twitterはサブスクリプションに段階的なプランを検討していると伝えられていて、先日買収したScrollの技術を活用したプランが用意される見通し。

Scrollの技術が追加されることで、広告非表示が可能になると予測されており、ScrollのCEOはTwitterのサブスクリプションに「広告非表示」が統合されると述べています。

またニュースキュレーションアプリ「Nuzzel」に代替する機能もTwitterに導入する方向で検討されていることが発表されているため、上位のサブスクリプションプランで追加される可能性があります。