「iPhone 13 Pro」は超広角レンズがオートフォーカスに対応か

「iPhone 13 Pro」は超広角レンズがオートフォーカスに対応か

Appleが今秋に発表すると予測されている「iPhone 13 Pro」および「iPhone 13 Pro Max」では、超広角レンズがオートフォーカスに対応する可能性があるようです。Appleの情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏が最新のレポートで改めて伝えているそうです。

「iPhone 13 Pro」シリーズでは超広角レンズがアップデート

iPhone-12-camera
Photo by TheRegisti on Unsplash

Appleの情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏の最新レポートによると、「iPhone 13 Pro」および「iPhone 13 Pro Max」では、超広角レンズがオートフォーカスに対応する可能性があるようです。MacRumoursが伝えています。

「iPhone 13」シリーズのハイエンドモデルの超広角レンズがオートフォーカスに対応するという情報は、昨年11月にもKuo氏が伝えていて、F1.8(6枚レンズ)のオートフォーカス搭載になると予測されていました。

「iPhone 12」シリーズに搭載されている超広角レンズはF2.4(5枚レンズ)の固定焦点。オートフォーカスに対応することで、より鮮明な写真撮影が可能になることが期待されます。

超広角レンズは「低照度性能」が大幅向上という情報も

Kuo氏の以前、「iPhone 13」シリーズの超広角レンズは「低照度性能」が大幅に改善される可能性を予測しています

「低照度性能」が向上することで、暗所撮影に強くなることが期待されますが、Appleの「コンピュテーショナルフォトグラフィ」も向上し、カメラ性能全体のクオリティが向上することが期待できます。

また「iPhone 13」シリーズでは、動画のポートレートモード撮影や、天体撮影モードが追加される可能性も予測されています

drip公認バリスタ