Appleが「MagSafeバッテリーパック」発売、双方向充電で使い勝手は◎

Appleが「MagSafeバッテリーパック」発売、双方向充電で使い勝手は◎

Appleが「MagSafeバッテリーパック」を発売しました。iPhone 12シリーズ背面に磁力で装着でき、iPhoneを充電しながら装着しているMagSafeバッテリーパックを同時充電することも可能。ただしお値段はAppleクオリティ。

「MagSafeバッテリーパック」値段は高いけど、使い勝手は◎

magsafe_Battery.jpg
MagSafeバッテリーパック

Appleが「MagSafeバッテリーパック」を発売しました。価格は11,800円(税込)とお高め。

iPhone 12シリーズのMagSafeに対応し、磁力で背面に装着できるバッテリーパックとなっています。

初回利用時には20W以上の電源アダプタからLightningケーブル経由でフル充電する必要がありますが、iPhoneに装着したまま利用することも可能。

iPhoneに装着したまま、MagSafeにLightningケーブルを挿せば、iPhoneのワイヤレス充電器に。iPhoneにLightningケーブルを挿せば、iPhoneとMagSafeバッテリーパックを同時に充電することもできます。

MagSafeバッテリーパックからiPhoneへの充電は最大5W、ただし20W以上のアダプタに接続することで最大15Wで充電することができます。

MagSafeバッテリーパック - Apple(日本)

Smart Battery Case代わりとしてピッタリ

iPhone 11シリーズまではAppleからバッテリー内蔵ケース「Smart Battery Case」が販売されていましたが、iPhone 12シリーズ向けには存在していません。

Smart Battery Caseは1430mAh、MagSafeバッテリーパックは1,460mAhとバッテリー容量はほぼ同じ。AppleからのSmart Battery Caseの代わりとしてMagSafeバッテリーパックを使って欲しいというメッセージのようにも見えます。

ios14-iphone12-pro-today-view-battery-widget-charging-iphone.jpgios14-iphone12-pro-home-screen-battery-widget-charging-iphone.jpg
iOSと連携してバッテリー残量表示も可能

これまでSmart Battery Caseを使っていた人は、MagSafeバッテリーを買う価値はあるかも?BelkinやAnkerの販売するバッテリーのほうが、バッテリー容量も大きく、価格も安いですけどね……。

drip公認バリスタ