iPhone 13「スーパーキラキラ​カラフルクッキリ​ディスプレイ」元ネタはメリー・ポピンズ?

iPhone 13「スーパーキラキラ​カラフルクッキリ​ディスプレイ」元ネタはメリー・ポピンズ?

9月24日より発売となる「iPhone 13」ですが、昨日公開された商品紹介ページでは「スーパーキラキラ​カラフルクッキリ​ディスプレイ」と書かれています。Appleがふざけたコピーを書いたのか?と見えそうですが、これの元ネタはメリー・ポピンズのようです。

英語サイトでは「Supercolor​pixelistic​XDRidocious.」

2a34fd9255b5bb942392360da661c5fc.jpg
Apple公式サイトより

Appleは9月15日にスペシャルイベントを開催し「iPhone 13」を発表しました。発表後に公開された商品紹介ページを見ると、iPhone 13のディスプレイは「スーパーキラキラ​カラフルクッキリ​ディスプレイ」と書かれています。

Appleさん、いよいよ語彙力がなくなったか?という感じもありますが、「スーパーキラキラ​カラフルクッキリ​ディスプレイ」は理由があるようです。グローバルに展開される商品ページの大本になっているのは英語の公式サイトなので、まずは英語ではどう書かれているか確認してみます。

英語の公式サイトを見てみると「Supercolor​pixelistic​XDRidocious」と書かれています。やっぱり英語でも語彙力……と見えそうですが、この表現は元ネタが存在するようです。

0dc130823f17b351d95779d1f93be3fa.jpg
Apple公式サイトより

元ネタは何かというと映画「メリー・ポピンズ」の劇中歌である「Supercalifragilisticexpialidocious」という有名な楽曲。この言葉は特に意味はなく「おまじない」のようなもので、何もいうことがない時に使う言葉とされています。

つまり「Supercalifragilisticexpialidocious」に手を加えて「Supercolor​pixelistic​XDRidocious」にしたと考えられます。

日本語訳ではどうなっていたかというと「スーパーキラキラ​カラフルクッキリ​ディスプレイ」です。もとの英語を日本語にすると「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」なので、まあわからなくもない?

drip公認バリスタ