次期iPhone SEの名称は「iPhonse SE+ 5G」、2023年には5.7インチが登場か

次期iPhone SEの名称は「iPhonse SE+ 5G」、2023年には5.7インチが登場か

2022年1月19日

Appleが2022年に発売すると予測されているiPhone SE(第3世代)について、名称は「iPhone SE+ 5G」になるようだと、Appleのリーク情報に実績のあるRoss Young氏が伝えています。また2023年には第4世代のiPhone SEが登場する可能性があり、5.7インチディスプレイが搭載されるようです。

今春発表の新型iPhone SEは「iPhone SE+ 5G」という名称に?

Apple_new-iphone-se-black-camera-and-touch-id_04152020

Appleのリーク情報について定評のあるDSCC(Display Supply Chain Consultants)のCEOを務めるRoss Young氏によると、Appleが今春に発表すると予測されているiPhone SE(第3世代)の名称は「iPhone SE+ 5G」になるようです。

iPhone SE+ 5Gは4.7インチの液晶ディスプレイを搭載すると噂されているようです。現行モデルも4.7インチの液晶ディスプレイなので、変更はされないことになります。

また第4世代のiPhone SEについて、2024年ではなく2023年に発売される可能性があるとしています。第4世代では5.7インチのディスプレイを搭載する気配があるそうです。

Ross Young氏はAppleのリーク情報について、現時点では100%の正確性を持つ人物。最近ではiPad mini(第6世代)のディスプレイサイズや、薄いベゼルでホームボタンなしという仕様や、新型MacBook ProがミニLEDを搭載し120Hzのリフレッシュレートを持つことなどを正確にリークしています。

drip公認バリスタ