macOS 12.2、バッテリー消耗で不具合の報告「一晩スリープでバッテリーが0%に」

macOS 12.2、バッテリー消耗で不具合の報告「一晩スリープでバッテリーが0%に」

AppleがリリースしたばかりのmacOS 12.2をインストールした一部のユーザーから、Bluetoothに関連した異常なバッテリー消耗が発生しているといった報告があがっているようです。

macOS 12.2で不具合、スリープ時に過度なバッテリー消耗

macOS Monterey

Appleが1月26日に正式リリースした「macOS Monterey 12.2」をインストールした一部のMacで、スリープモード時に過度のバッテリー消耗が発生するバグが不具合されています。

TwitterやRedditによせられた報告によると、スリープ状態にしていたMacのバッテリーが一晩で0%になっていたとのこと。

このバッテリー消耗の原因は、Bluetoothアクセサリが「DarkWake from Deep Idle」を引き起こし、Macをスリープ状態から繰り返し起動させたことによるそう。

なおIntelベースのMac、M1ベースのMac、どちらでも発生しているようです。

Bluetoothをすべて無効にするか、すべての接続を解除することで一時的な回避はできますが、根本的な解決策はみつかっていません。

Appleのソフトウェアアップデートによる修正を待つ必要があります。Appleはすでに開発者向けにmacOS 12.3 ベータを公開していますが、開発者向けベータでこの問題が修正されているかは不明です。

drip公認バリスタ