折りたたみ「iPhone」は2025年に延期、折りたたみ式”MacBook”も検討か

折りたたみ「iPhone」は2025年に延期、折りたたみ式”MacBook”も検討か

2022年2月23日

Appleが開発中と噂されている、折りたたみ「iPhone」が登場するのは2025年まで延期された可能性があるようです。また、折りたたみ式のノートブックも検討しているという情報が伝えられています。

「折りたたみiPhone」まだまだ登場しないようです

iphone 13 pro-Galaxy Z Fold 3
iPhone 13 ProとGalaxy Z Fold 3 / Photo by Photo by Thai Nguyen on Unsplash

DSCC(Display Supply Chain Consultants)のCEOを務めるRoss Young氏によると、Appleが開発中と噂されている「折りたたみiPhone」は2025年まで延期されたということです。

Ross Young氏は、サプライチェーンからの情報をもとに予測を伝えている人物で、昨年の新型MacBook ProにミニLED搭載が搭載されることを完璧に予測しました。

当初、「折りたたみiPhone」は2023年〜2024年に登場するという予測でしたが、2025年と大幅に遅れることになります。

Appleは折りたたみiPhoneを延期する見通しですが、他にも全画面の折りたたみノートブックの可能性も検討しているとのこと。

この折りたたみノートブックは、Appleにとって新しい製品カテゴリーとなり、20インチ前後で4K以上のディスプレイを搭載、折りたたんだ状態ではスクリーン上にフルサイズのキーボードが備え、展開した状態であれば、外部キーボードを接続して利用することができるといった製品になる可能性があるとしています。

折りたたみノートブックの登場時期については、2026年〜2027年になると予測されています。

drip公認バリスタ