Apple、iPhoneやその他ハードウェア製品のサブスクリプションサービスを検討か

Apple、iPhoneやその他ハードウェア製品のサブスクリプションサービスを検討か

1

Appleは、iPhoneやその他のハードウェアデバイスをサブスクリプションサービスを検討している可能性が伝えられています。実現するとユーザーは、月々定額で利用できるようになります。Bloombergが報じました。

Appleデバイス、サブスクで利用できるようになるかも

Apple_iPhone-iPad-Availability_5th-Ave-hands-on_09242021

Bloombergによると、AppleはiPhoneやiPadなどハードウェアデバイスを、サブスクリプションで利用できるようにするサービスを検討している可能性があるようです。

これまでの端末を12か月/24か月で分割して支払うプログラムや、米国で提供されている「iPhone Upgrade Program 」とは異なります。

ユーザーは、どのデバイスをサブスクリプションで利用するか選択することで、iCloudやApple Musicといった他のサブスクリプションと同じように利用できるとのこと。価格設定次第ですが、(端末購入と比較して)低価格で最新のAppleデバイスを利用し続けることができるようになるポテンシャルはありそうです。

デバイスのサブスクリプションは、早ければ2022年末に開始される予定ということですが、2023年に延期される可能性や、計画そのものがキャンセルされる可能性もあるようです。