イーロン・マスク氏、Twitterの取締役就任を辞退

イーロン・マスク氏、Twitterの取締役就任を辞退

Twitter社のCEO、パラグ・アグラワル氏は4月11日、テスラ社のCEOを務めるイーロン・マスク氏が、Twitter社の取締役就任を辞任したことを明らかにしました。

イーロン・マスク氏、Twitter取締役就任を辞任

twitter.jpg

テスラ社のCEOを務めるイーロン・マスク氏が、Twitter社の取締役に就任する予定でしたが、Twitterのパラグ・アグラワルCEOが、イーロン・マスク氏が「就任を辞任した」と発表しています。

パラグ・アグラワル氏によると、イーロン・マスク氏の取締役就任について、何度も議論を重ね、4月9日に正式に参加してもらう予定だったが、同日朝にイーロン・マスク氏から就任を辞退する申し出があったとのこと。

パラグ・アグラワル氏は「これが最善の策だと考えている」とし、「取締役であろうとなかろうと、株主からの意見を大切にしていく。イーロン・マスク氏は我々の最大の株主であり、彼の意見に耳を傾けることに変わりはない」とコメントしています。

drip公認バリスタ