Apple、iPadOS 16のステージマネージャがM1搭載iPadでしか機能しない理由を説明

Apple、iPadOS 16のステージマネージャがM1搭載iPadでしか機能しない理由を説明

2022年6月10日

AppleがWWDC22で発表したiPadOS 16に搭載される新機能「ステージマネージャ」は、M1チップを搭載したiPadでしか動作しないことが公式サイトに記載されています。M1チップが必要な理由について、Appleから回答があったとDigital Trendsが伝えています。

M1 iPadでしかステージマネージャが利用できない理由が判明

ipados-16-stage-manager.jpg
WWDC22 基調講演より

AppleはWWDC22で、iPadOS 16の新機能として「ステージマネージャ」を発表しました。

ステージマネージャは、iPadでのマルチタスクを行う新しい方法で、Macのように複数のウィンドウを重なり合うように表示させることができ、複数のアプリを同時に立ち上げグループ化が可能。

外部ディスプレイを完全にサポートし、ミラーリングではなく、もう1つのディスプレイとして機能するため、外部ディスプレイとiPad間でのドラッグ&ドロップもできます。

Apple-WWDC22-iPadOS16-external-displays-220606.jpg
外部ディスプレイを完全にサポート

とても魅力的な新機能ですが、昨日お伝えしたとおり、この新機能はM1チップを搭載したiPadでのみ使用できます。

【悲報】iPadOS 16の魅力的な新機能はM1搭載モデルしか使えません

いったいなぜなのか。公式サイトでは説明されていませんが、Digital TrendsがAppleに問い合わせたところ回答があったと伝えています。

According to Apple, Stage Manager is exclusive to M1 chips because of iPadOS 16’s fast memory swap feature — something Stage Manager relies on quite heavily. Similar to what we’ve seen on Android devices, this process allows apps to convert storage into RAM for more horsepower. Stage Manager allows users to run up to eight apps going at once, some of which can ask for up to 16GB of RAM. In other words, it demands a lot of resources. As such, the new window management feature needs M1 for smooth performance.

Here's why Stage Manager only works on M1 iPads | Digital Trends

Digital Trendsにによると、ステージマネージャがM1チップ搭載iPadの専用となっている理由は、iPadOS 16の仮想メモリスワップに大きく依存しているため、とAppleは説明したとのこと。

仮想メモリスワップは、iPadのストレージを、すべてのアプリケーションで利用可能なメモリを拡張するための使用する機能。負荷の高いアプリケーションのために、最大16GBのメモリを提供できるといい、M1チップを搭載したiPadでしか動作しないと紹介されています。

ステージマネージャは、最大8つのアプリを同時に実行でき、中には負荷の高いアプリケーションが含まれることもあるため、スムーズなパフォーマンスを発揮するためには、仮想メモリスワップが利用できるM1チップが必要になるということです。

drip公認バリスタ