YouTube、公開済み動画の「修正」機能を追加

YouTube、公開済み動画の「修正」機能を追加

2022年6月17日

YouTubeは6月14日(米国時間)、すでに公開済みのYouTube動画に修正情報を追加できる新機能「Corrections(修正)」を発表しました。

YouTubeで公開済み動画に「修正」を追加することが可能に

Corrections Launch, MrBeast and Todd at VidCon, Mentions, and the Copyright Transparency Report!

YouTubeが、新機能「Corrections(修正)」をリリースしたと発表しています。

これまでクリエイターが、アップロード済の動画の誤りを訂正したり、正確で亡くなった情報を更新したりする場合、動画を編集して再アップロードしなければいけませんでした。

結果として元動画へのエンゲージメント指標やコメントが失われるため、概要欄に追記したり、誤りを指摘するコメントに返信したり、訂正をコメントしてピン留めしたり、という対応をするクリエイターが多かったようです。

「Corrections(修正)」を利用することで、クリエイターはすでに公開されている動画の概要欄に、訂正や説明を加えて注意を促すことができるようになります。

youtube-corrections.jpg

クリエイターが動画に訂正を加えると、視聴者は間違いがあった時間にカードが表示されるようになります。カードをクリックすると、クリエイターが訂正や説明を加えた概要欄が展開されます。

ただし、違反警告を受けたままのチャンネルや、一部の視聴者に対して不適切となり得るコンテンツの場合、修正機能は利用できません。

drip公認バリスタ