TikTokをアプリストアから削除するよう要請、米FCCコミッショナー

TikTokをアプリストアから削除するよう要請、米FCCコミッショナー

2022年6月30日

米FCCのコミッショナーが、AppleとGoogleに対し、それぞれのアプリストアからTikTokを削除するように要請したと伝えています。コミッショナーは、BuzzFeed Newsが報じていた、TikTokが米国ユーザーの膨大な機密データを収集していたことや、そのデータに中国のスタッフがアクセスできていたことに関連し、国家安全保障上のリスクをもたらすと述べています。

TikTokがアメリカでユーザーの機密データを収集。中国からアクセスできる状態だった

tiktok-china.jpg

米連邦通信委員会(FCC)のコミッショナー・Brendan Carr氏が、TikTokをアプリストアから削除するよう、AppleとGoogleに要請したと伝えています。

Brendan Carr氏は、AppleとGoogleに送った手紙のなかで、TikTokはショートビデオの閲覧だけでなく、検索と閲覧の履歴、キーストロークパターン、生体認証識別子、下書きメッセージ、メタデータ、デバイスのクリップボードに保存されているテキスト、画像、動画を収集していると指摘。

これには、米BuzzFeed Newsが6月17日に報じていた内容や、2月に報じられたTikTokがAppleとGoogleのプライバシー保護を回避してユーザーの機密データにアクセスできるとする研究などが含まれています。

米BuzzFeed Newsによると、TikTokが収集した米ユーザーの機密データは、すべてが中国からアクセスできる状態だったとのこと。米BuzzFeed Newsがこれを報じる数時間前、TikTokは米ユーザーのすべてのユーザートラフィックを、米国内のOracle Cloud Infrastructureに移行したと発表。バックアップデータはシンガポールだが、将来的にバックアップもOracleに移行する予定としています。しかし、これは中国からアクセスができる状態に対処されていないという指摘もあります。

Brendan Carr氏は、「TikTokは国家安全保障上のリスクをもたらす」と警告。そして、TikTokはAppleとGoogleのガイドラインに違反してデータ収集を行っていることから、それぞれのアプリストアから削除する必要があると述べています。

drip公認バリスタ