M2 MacBook Airは7月8日に予約注文開始、15日より発売か

M2 MacBook Airは7月8日に予約注文開始、15日より発売か

7月に発売と案内されているM2チップを搭載したMacBook Airですが、7月8日に予約注文を開始し、7月15日に発売されるとMacRumoursが報じています。新しいMacBook AirはM2チップだけでなく、デザインなども刷新されています。

M2チップを搭載したMacBook Airの発売は間もなくです

Apple-WWDC22-MacBook-Air-hero-220606.jpg

MacRumoursによると、M2チップを搭載した新型MacBook Airは、7月15日に発売されるようです。Appleは6月に開催したWWDC22でM2チップを搭載した新型MacBook Airを発表し、7月に発売するとアナウンスしていました。

予約注文は7月8日に開始される予定とのこと。円安の影響で、Appleは新型MacBook Airの価格を値上げしましたが、最小構成で164,800円(税込)、最大構成で348,800円(税込)となります。

M2チップは、M1チップのマイナーアップデートの位置づけ。第2世代の5nmプロセスで製造され、100GB/sのユニファイドメモリ帯域幅を実現し、M1では最大16GBまでだったRAMも最大24GBまで搭載できます。

M1チップと同様、高性能コアと高効率コアを4つずつ搭載しますが、GOUは8個から10個に増えています。パフォーマンスはM1チップと比較して、CPUで18%、GPUで35%、ニューラルエンジンで40%の向上しています。

同時に発表されたM2チップ搭載の13インチMacBoook Proは旧来のボディのままですが、新型MacBook Airはデザインも大きく刷新。ディスプレイやFaceTime HDカメラ、スピーカー、MagSafe充電などのコンポーネントもアップデートされています。

drip公認バリスタ