Apple、iPhone 12とiPhone 12 Proの「音が出ない問題」のサポートを1年延長

Apple、iPhone 12とiPhone 12 Proの「音が出ない問題」のサポートを1年延長

2022年8月22日

Appleは8月19日、ごく一部のiPhone 12やiPhone 12 Proで発生している「音の問題」に対する修理サービスプログラムを1年延長したことを案内しています。

iPhone 12、電話でレシーバーから音が出ない場合は修理対象かも

iphone-12-and-iphone-12-pro-service-program-for-no-sound-issues.jpg

Appleによる「iPhone 12 や iPhone 12 Pro の音の問題に対する修理サービスプログラム」が、1年間延長され、最初の小売販売日から3年間が適用されるようになっています。

同プログラムは2021年8月より提供されているもの。Appleによると、ごく一部のiPhone 12やiPhone 12 Proで、レシーバーモジュールのコンポーネントの故障により、音の問題が起きる可能性があると説明されています。

この問題が確認されているのは、2020年10月から2021年4月までの間に製造されたデバイスで、問題が発生しているデバイスでは、電話時にレシーバーから音が出ないといった不具合があるようです。

なおiPhone 12 miniおよびiPhone 12 Pro Maxはプログラムの対象外。

無償修理を受けるには、Apple正規サービスプロバイダかApple Store直営店で手続きが必要。修理前にはAppleで実機検査を行い、修理プログラム適用対象か検証されます。

iPhone 12 や iPhone 12 Pro の音の問題に対する修理サービスプログラム - Apple サポート
drip公認バリスタ