初代AirPods Proも適応型環境音除去に対応?H2チップを搭載しなくても動作するの?

初代AirPods Proも適応型環境音除去に対応?H2チップを搭載しなくても動作するの?

2022年10月3日

AirPods Pro(第2世代)の新機能として発表された「適応型環境音除去」が、初代AirPods Proでも使えるようになる可能性が示されています。

H2チップがなくとも「適応型環境音除去」が動作するってこと?

Apple-AirPods-Pro-2nd-gen-H2-chip-220907

Appleが開発者向けに配信したiOS 16.1ベータ版で、AirPods Pro(第2世代)の新機能として追加された「適応型環境音除去」が、初代AirPods Proでも利用できるようになる可能性があります。

Redditに投稿された画像によると、開発者向けiOS 16 beta 3と、初代AirPodsにベータファームウェア(5A304A)が適用されている状態で、初代AirPods Proにも「適応型環境音除去」のオプションが設定アプリに表示されたとのこと。

「適応型環境音除去」は、外部音取り込みモードで利用できる機能。

Appleの説明によると、H2チップによって実現する機能で、周囲のノイズを抑えてより快適なリスニングが可能になるとのこと。

airpods-pro-2.jpg
AirPods Pro(第2世代) - Apple(日本)

当然ですが初代AirPods ProにはH2チップは搭載されていないため、仮に正式リリースされる機能だとして、AirPods Pro(第2世代)と同じ機能になるのかは不明です。

ベータ版のiOSやファームウェアによる確認なので、誤って表示されている可能性も十分に考えられます。

drip公認バリスタ