Twitter連携でログインしているサービスを確認する方法

Twitter連携でログインしているサービスを確認する方法

2022年11月20日

Twitterが突然に仕様や方針変更をしたり、最悪の場合サービス終了した場合、Twitterアカウントと連携してログインしているサービスが意図せずに利用できなくなる可能性があります。今のうちに、Twitterだけでログインしているサービスは対応しておいたほうがいいかもしれません。

「Twitter終了」がトレンド入り。今後のTwitterに不安があるなら、今のうちに要チェック!

twitter.jpg

イーロン・マスク氏がTwitterのCEOになってから続いている騒動で、「Twitterがサービス継続困難になるのでは」という声があがり、11月18日には「#RIPTwitter」や「Twitter終了」というワードがトレンドになっていました。

騒動の発端は、イーロン・マスク氏がTwitter社員に向けたメッセージで「極めてハードコアに働くか、辞めるか」を選ぶように通告したという報道。

FORTUNE誌のテック担当Kylie Robison氏は「Twitterに残っている約3,700人の従業員の約75%が残ることを選択していない」とツイートしていますが、各メディアが報じたことで、Twitterはサービス継続が困難になると考えた人が多かったようです。

「極めてハードコアに働く」の内容は、週40時間以上オフィスにいること、週80時間の勤務を覚悟すること、オフィスで無料で提供される食事などが少なくなること、在宅勤務の禁止などが報じられていますBloomberg)。

Twitterがすぐさまサービス終了となることは考えにくいですが、仕様変更や機能の廃止は考えられます。

Twitterでは、「Twitter連携ログインしてるサービスをTwitter連携以外でログイン出来るように設定しておきましょうね」と呼びかけるツイートが話題になっていました。

言われてみればその通りで、Twitter連携でログインしているサービスがある人は確認しておいたいほうが良さそうです。

Twitterのアプリやウェブ版から、以下の手順で確認することができます。

① 設定から「セキュリティとアカウントアクセス」をタップ
② 「連携されているアカウント」を確認

twitter-login-1twitter-login-2

最悪のケースですが、Twitterが突然に「APIの提供を止めます」となった場合、Twitter連携のみで利用しているサービスはログインできなくなる可能性すらあります。

Twitterが終了したら、みんなでmixiに戻るのもいいかもしれない。今のうちに黒歴史を隠しておかないと……。

drip公認バリスタ